学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

休日の昼間に瓶ビールを飲む幸せ

なら国際映画祭のクロージング上映。 当日券のみだったので早めに来てチケットを購入し整理券をもらった。 会場まで時間があったので近くの定食屋で昼飯を食べることにした。 トンカツ定食と瓶ビール。 「キリンとアサヒどちらがいいですか?」 「キリンで」…

君の名は。口噛み酒の作り方

まず、処女の巫女を用意します。 三葉でよいでしょう。 なぜ処女がいいかというと、男と性行為および接吻をしていないことで不要な雑菌が混入していないためです。 母から受け継いだ口内細菌のみで糖化と発酵を行うことができます。 次に炊きたての米を用意…

オーパスワン2010は当たり年だった。ワインの初心者はかく語りき。

オーパスワン2010を飲む機会がきた! ワイン初心者だけど、名前は知ってる。 ネットで調べたら4万円くらいするらしい。 そんな高いワインはこれまで飲んだことがなかった。 人生初のオーパスワン。 飲んだ。 めっちゃ美味い! 果実がたっぷり詰まってる感じ…

第3のビール徹底飲み比べ! の記事で選ばれた1番うまい第3のビールはどれだ!?

第3のビールはたまに買って飲む。 会社の後輩で金麦が好きな女の子がいて、家飲みのときは常に金麦をチョイスすると言っていた。 その言葉に影響されてか、僕も金麦をよく買っている。 嫁に「ビール買ってきて」と言われたときは節約モードのときは金麦を買…

ひとり飲む、大阪南森町。オールドトムズバー。

扇町で仕事を終え、 無性にビールが飲みたくなった。 生と串カツの口だった。 しかし、串カツ屋の前に見つけてしまった。 猫の絵とバーの文字。 メニューを見る。 ノーチャージの文字。 迷わずドアを開けた。 カウンターのみの狭い店内に、グレイヘアーをオ…

京都のイタリアン河村食堂でオーストラリア人のおっちゃんにワインを奢ってもらったよ!

今出川の住宅地にひっそりとある河村食堂。 イタリアン食堂だ。 細い路地を通って店に入る。 カウンターは5席ほど、奥にテーブルが2席の小さな店だった。 ワインを頼むとタパスがついてきた。 レバーパテとポテトパテのカナッペと生ハムとサラダ。 レバーパ…

ポートランドとコーヒーの話をコーヒーハイボールを飲みながら聞く

久しぶりにテンション上がるイベントだった。 ポートランドはずっと気になってる町だった。 資料や本や映像で、中身をだいぶ知ることができた。 僕の理解では、ポートランドは住民主体で、管理された緑と人工物の調和を目指してる。 それは素敵なことだと思…

仕事がうまくいったのでスタア・バー・ギンザに再訪したら岸久さんいなかったけど、やっぱり最高だった!

中1日で東京出張。 いずれも日帰り。 新幹線の移動はラクだけど、やっぱ地味に疲れる。 今日は10時から品川で打ち合わせということで、6時半に家を出た。 出るときから眠い。 新幹線で仮眠をはさみつつ、打ち合わせの資料を仕上げる。 久しぶりに新幹線の中…

圧倒的すぎるだろ!プロフェッショナル仕事の流儀で取り上げられたスタア・バー・ギンザのおもてなし!!!

久しぶりの東京出張。前々から決めていたことがある。仕事終わったら銀座に行って、スタア・バー・ギンザでカクテルを飲む。日本バーテンダー協会会長の岸久さんが経営するバー。プロフェッショナル仕事の流儀で紹介され、アイリッシュコーヒーをイッタラの…

いきつけの店はどのようにして作られるか?

僕にはいきつけの店が何軒かある。バーとカフェ、いくつかのバルどのようにしていきつけになったのか?きっかけは誰かの紹介だったり、自分で探したり、偶然見つけたり、さまざま。まず、第一印象がいい。自分が思い描いていたとおり、もしくはそれ以上の発…

あるいは、生ハムとサラミがあれば赤ワインは進む

こないだ行ったイタリアンバルで、赤ワインのカラフェを頼んだ。つまみはポテサラとフォカッチャで、まぁ、赤ワインに合わなくはないけど、進みが悪い。食べ終わった後もワインは半分以上残ってた。次に頼むものを散々悩んだあげく、生ハムとサラミにした。…

ノータイムで注文してしまう料理はポテトサラダ?

レストランや居酒屋でメニューを見る。何を頼むかすげー迷う時ってありますよね?そんな時に注文して間違いないものってポテトサラダだと思うんです。ポテトサラダって、居酒屋でもバルでもおいてるところが多い。ポテトサラダをメニューに載せてるってこと…

休肝日という名の助走期間

最近、胃腸の調子が悪かった。排便は快調なのだけど、おならが臭い。異様に臭い。リビングでおならしたら、隣接する畳の部屋で寝てた嫁と子供が畳の部屋にいる人同士で「誰かおならした?」と勘違いするほど臭い。電車でおならをしたらテロ行為である。ここ…

結局のところ、音楽と酒は合うのだよ

京都の隠れ家的名所@きんせ旅館にて、ふとした縁で知り合った友人がプロデュースを手がけるThe Farah Quintetのジャズ・サンバLIVEに行ってきた。ジャズ・サンバは初めて、ジャズのLIVEも久しぶり。ジャズはバーでも聴くし、iPhoneにもいくつか入れてて、疲…

ひとり飲む、京都。馳どり屋 東寺店

今日は暑かった。取材で亀岡、嵐山、梅宮神社と巡り、トータル5kmほど歩いた。ほどよく汗をかいた。バスで東寺駅近くまで行った。ビールが飲みたい。生ビールが飲みたい。帰るまでもたない。我慢できない。いい店を見つけた。オール280円。鳥貴族と同じシス…

行きつけのバーが移転した時に常連客がとるべき行動

行きつけのバーが移転した。あらゆるバーに通って、最も居心地がいいと思えるバーだった。一人で行くべきバーだった。寿司屋に行ってから2軒目で行くのがベストなバーだった。8ヶ月ぶりに行ったら、移転していた。幸い、前の場所から100mも離れてなかったの…

バーカウンターの向こう側へ立つ日に向けて、世界初のコーヒーリキュールを仕込む

研究者バー。研究者が集うバーがある。5月28日、一晩限りのバーがオープン。https://www.facebook.com/events/1704813893119088/そして、僕がバーテンダーとして、ウイスキーマエストロとして、バーカウンターの向こう側へ立つ。お客さまに新たな発見と感動…

ひとり飲む、大阪・天王寺、串カツで一杯引っかける

久しぶりに大阪出張。雨がパラつく天気だった。蒸し暑かった。地上を歩くと濡れるので、地下に潜った。時刻は17:30。もういいだろう。歩き疲れた僕は、「串カツ」の文字に引き寄せられた。カウンターに座ると、目の前のメニューにビールセット1080円、串カツ…

ひとり飲む京都、燻製と地ビールの和知

燻製と地ビールの和知。これで四度目だ。1年に1回くらいのペースで通ってる。最初は、利き酒倶楽部のビールの会。当時、世界のビールが飲める店は少なかったので、感動した。とにかく種類が豊富。グラスもそれぞれのビールに合わせたもので注いでくれる。フ…

ひとり飲む京都、サントレスは五条のオアシス

スペインバル サントレスhttp://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26016113/タパス3点盛り 495円。グラスワイン360〜620円。サバサンド 570円。安く飲むのにちょうど良い店だ。一時期、同期の友達とよく行ってた。その友達は今はサンフランシスコに海外駐…

京都の居酒屋にはエレベーターがあるの?

京都の居酒屋にエレベーターがあるらしい。そんな噂を聞いたのはいつだっただろうか?京都に住んで10年以上経つ。いくつもの居酒屋を巡ったけれど、エレベーターのある店には出会わなかった。しかし、先日とあるイベントの打ち上げに行った。その居酒屋の近…

「新しい喫茶を考える」に参加して日本茶とウイスキーのコラボの可能性を考えた

https://mtrl.net/kyoto/events/160420_tea-of-mtrl-project-kickoff/新しい喫茶を考える。そんなイベントに参加した。 茶を喫する。 酒を喫するとは言わない。酒は飲む。飲酒。喫茶というのはなんかオシャレだな。まず、玉露ハイに惹かれた。麦焼酎を水出し…

飲み会におけるマネジメント力の向上

昨日は久しぶりに飲み会の幹事をした。馴染みの店を予約し、あえて飲み放題をつけなかった。日本酒が限定されるからだ。店に早めに入って、おばちゃんに「飲み放題しなくていいの?」と改めて聞かれたけど、断った。焼酎のボトルキープと瓶ビールで費用を抑…

ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー、一番コスパがいいのは?

ウイスキーマエストロが語るお酒の話。 コスパを考える。 ここで、コスパの定義は、 アルコール度数 × 容量 / 価格 とする。 つまり、一番安く酔える酒である。 価格はAmazonで統一した。 まず、ビールは一番人気のアサヒスーパードライを選んだ。 アルコー…

カルボナーラとウイスキーの会

やったよ! カルボナーラ コーヒーリキュール ゲーリックコーヒー パンナコッタ アプリコットジャムとドライフルーツのカナッペ まぁ、楽しい美味しいな会だったよ!!!

人生ほろ酔いで行こう

再来週の飲み会の幹事になったので、下見を兼ねて11年ぶりに、馴染みの店に行った。11年前は同期とよく通ってた居酒屋だ。日本酒を冷やで頼んで、付き出しのポテトサラダをつまみに飲む。タコ酢を頼んで、また飲む。しばらく余韻に浸り、焼き鳥を頼む。 この…

エイプリルフールにオープンするバーの話

僕には仲間がいる。おいしい料理を作るひと、 道を示してくれるひと、 店をリフォームしてくれるひと、 癒してくれるひと、 知らないことを教えてくれるひと、 歌がうまいひと、 強いひと、 お話がうまいひと、たくさんの仲間でつくるバー。月曜日から金曜日…

カクテルはいかが?行正り香のエッセイと、カクテルと料理が素晴らしい

図書館で何気に借りてみた。行正り香の「カクテルはいかが?」カクテルの写真に惹かれた。カクテルレシピ本は持ってるけど、それに合わせる料理も載ってるのがいい。そしてそのチョイスも意外性があっていい。カクテル毎にそれにまつわるエッセイが添えられ…

なぜ人は酒を飲むのか?適度な酔いがもたらす意外な効果とは

これは、朝五時に起きてアイリッシュコーヒーを飲みながら書いた文章である。 僕はお酒が好きだ。 特に、ウイスキーが好きだ。 なぜウイスキーが好きかというと、いろいろな、本当にいろいろな理由があるけれど、 第一にあげるとしたら、 ゆっくり自分のペー…

僕がこれまでに飲んだ中で一番感動したアイリッシュコーヒーはこれだ!

「プロフェッショナル 仕事の流儀 バーテンダー・岸久」のアイリッシュコーヒーをブログで書いた。 scotchhayama.hatenablog.com GoogleとYahooの検索で上位に入ったようで、かなり読まれている。 「プロフェッショナル アイリッシュコーヒー」で検索すると…