学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ゆる~くモノづくりはじめNight #3「観光」

f:id:ScotchHayama:20181110213729j:plain

 

yurumono03.peatix.com

 

ゆる~くモノづくりはじめNightは
モノづくり(電子工作)のハードルを下げ、Makerの裾野を広げることを目的とした交流会。

3回目となる今回はテーマを「観光」として、簡単なアイデアソンもやってみた。

 

場所は堺筋本町にあるThe DECK

thedeck.jp

 

The DECKはいつも、いつのまにか面白い人たちが集まる場

f:id:ScotchHayama:20181109184244j:plain

ちなみにこの人たちは参加者ではない。

 


参加費はThe DECKのドロップイン料金500円のみ

飲みながら、食べながら、わいわいやりたいので、飲食物は参加者が各自持ち込むスタイル。

 

主催の僕はウイスキー

f:id:ScotchHayama:20181109184240j:plain

参加者の方から提供いただいたラフロイグ10年も加え、充実した布陣。

 

参加者に提供いただいた食べ物はサイゼリアのピザ、たこ焼きそっくりクッキー、

f:id:ScotchHayama:20181109194838j:plain

 

飛騨高山のお土産「赤かぶら漬物」ウイスキーとめっちゃ合う。

f:id:ScotchHayama:20181109194847j:plain

 

その他、ナッツやドライフルーツ、お菓子など。

毎回持ってきてくれる食べ物が変わるのが面白い。

 

最初に自己紹介シートを使って自己紹介。

 

f:id:ScotchHayama:20181110215050j:plain

「普段していること」は仕事でもライフワークでも。僕の場合はウイスキーエストロ。

「至福を感じるとき」は僕の場合は美味しいハイボールを振舞っている時。

 

そして「観光」についてのインプットタイム。

honichi.com

・2017年のインバウンド消費は初めて4兆円を突破

・前年比17.8%の成長市場、5年連続の最高値

・旅行者数は2,869万人で、世界12位、アジアで4位にランク

 

しかし、課題はオーバーツーリズム。

www3.nhk.or.jp

京都でも増えすぎた観光客のため、バスに乗れない地元住民が迷惑している。

京都市長の門川さんは「混んでる時間に、混んでる場所に行ったら、混んでいるのは当たり前。これをどう分散させるかが勝負」と語る。

 

分散化のヒントとして、地域の知られていないスポットを地元住民が調べてウィキペディア化する取り組みを紹介した。

kankou-redesign.jp

 

またオープンデータを活用するというのも手である。

data.city.kyoto.lg.jp

 

インプットタイムを終え、アイデアソン。

まずはマンダラート。

f:id:ScotchHayama:20181110220212j:plain

真ん中に自己紹介で記入したキーワードを書いてもらい、そこから広げる。

 

その間も食べたり飲んだり。酔いが進めば斬新なアイデアも出るだろうという意図があるとかないとか。

 

そしてアイデアスケッチを書いてもらう。

f:id:ScotchHayama:20181110220433j:plain

 

事例として僕が考えたウイスキーの真の価値を味わうA/D変換を紹介。

f:id:ScotchHayama:20181110220459j:plain

ちょっと抽象的すぎるけど、補足しながら説明。

 

また食べながら飲みながらわいわいと。席替えもしながら色んな人と交流できるように。

 

2,3人にアイデアを発表してもらう。

f:id:ScotchHayama:20181109205852j:plain

 

スリと仲良くなれるリュック。スペインとかで流行りそう。

f:id:ScotchHayama:20181110221514j:plain

 

 

f:id:ScotchHayama:20181109210219j:plain

 

インスタ映え。アナログに旅行を楽しむ。

f:id:ScotchHayama:20181110221923j:plain

 

やっぱテーマ決めると面白いなー。

次回は「酒」でやろう。

肉に合うハイボール

f:id:ScotchHayama:20181017082123j:image

 

肉に合うハイボールと言われたら、迷わずタリスカーをオススメする。

 

しかもスパイシー感が強いタリスカーストームが良い。

f:id:ScotchHayama:20181017082226j:image

 

今ならスパイシーハイボールキャンペーンで燻製した黒胡椒がおまけで付いている。

f:id:ScotchHayama:20181017082406j:image
f:id:ScotchHayama:20181017082403j:image

 

黒胡椒を一粒、口に入れ、奥歯で噛み砕く。

その後すぐにタリスカーハイボールを飲む。

 

黒胡椒の香りとタリスカーの潮香が組み合わさりピリッとした辛味がアクセントとなる。

 

その後で肉を食べる。

 

最高。

肉も美味い。

f:id:ScotchHayama:20181017082822j:image
f:id:ScotchHayama:20181017082819j:image

 

肉の脂をタリスカースパイシーハイボールが洗い流してくれる。

f:id:ScotchHayama:20181017082951j:image

嵐のように。

月とうつわとウイスキー〜過去・現在・未来を語る十五夜〜

f:id:ScotchHayama:20180925202012j:plain

 

能を大成した世阿弥が残した言葉に「離見の見」というものがある。

これは、目は前を見て、心は後ろに置くということで「客観的に自分を見ることが大事だ」という意味であり、見所(観客席)から見る自分の姿を常に意識し、見所同心、客席と一体となるように考えてやらなければならない。自分だけで勝手に盛り上がってもダメだということらしい。

 

平成最後の十五夜の9月24日、お月見をしながらうつわとウイスキーを愛でる会をしようと企画した。

6月頃から計画し、共催のSIONE 河原尚子さんとミーティングを重ねた。

会場の下見をし、宣材写真もたくさん撮った。

1カ月前からイベントページをオープンし、参加者がなかなか集まらないことにヤキモキしながらも、月に見たてる用の丸氷も量産していった。

scotchhayama.hatenablog.com

 

おかげさまで11名の方に参加いただけることとなった。

 

会に臨むにあたって、「離見の見」を意識した。

我を出す「我見」ではなく、常にお客様の目線「離見」を意識する。

 

 

用意したウイスキーは三種類

f:id:ScotchHayama:20180924132937j:plain

ラフロイグセレクトカスク

ハイランドパーク12年ヴァイキングオナー

グレングラント10年

 

おつまみはスイーツプレート

f:id:ScotchHayama:20180924135541j:plain

旬野菜のピクルス、シナモンのパウンドケーキ、カカオマジックのチョコレート「麻炭マジック

Magic 5 <Spirit / 精霊 > 麻炭ブラック
「神々の食べ物」と言われるカカオと、
日本に於ける聖なる植物「麻」の炭を配合した麻炭ブラックは、
チョコレートの味を全く新しいものに変身させます。
苦味ではなく深みのあるシンプルな味わい。
カカオに宿る精霊を感じ、自身の精神性を高めるために。

 

 

合わせるうつわも三種

 

タンブラーは海をイメージしたものを用意してもらい、ラフロイグハイボールを注ぐ。

f:id:ScotchHayama:20180925204614j:plain

 

今、ハイボール

f:id:ScotchHayama:20180925205535j:plain

ハイボールは今を感じられる酒。

氷を詰めたうつわにラフロイグを注ぎ、炭酸水をゆっくりと注ぐ。愛を込めて。

泡がパチパチと弾け、鮮烈な香りを感じながら注ぎたてを飲む。

「今、この一瞬を生きている」と味わう。

最高の一口目を味わった後は、旬野菜のピクルスの酸味と苦味と共に楽しむ。

 

 

次のうつわはWAN

f:id:ScotchHayama:20180925210026j:plain

今回はこのWANを使いたいというインスピレーションから始まった。

このWANに丸い氷を入れ、ウイスキーを注ぐことで月に見立てる。

f:id:ScotchHayama:20180925210433j:plain

アイスピックで角氷を丸くする。

きれいな丸にはならなかったけれど、でこぼこが月っぽくていいんじゃないかと。

 

一杯じゃ丸い氷がもったいないと、おかわりする人が多かった。

f:id:ScotchHayama:20180925210707j:plain

過去、ロック

月の遠さを感じながら、少し過去の月光を目にすることを意識した。

合わせるウイスキーはハイランドパーク12年ヴァイキングオナー。

古のヴァイキングの文様が美しいボトルを愛でながら。

美空ひばりの「愛燦々」

過去達は優しく睫毛に憩う

 このフレーズが好きだ。

目を閉じて思い出していると睫毛に憩う過去達。

そんな体験をしてほしいと思いつつ、丸い氷をステアしてロックを作った。

 

 

最後はミニカップにストレートを注ぐ。グレングラント10年。スペイサイドの華やかな森の香りを感じてもらいたい。

f:id:ScotchHayama:20180925211639j:plain

 

f:id:ScotchHayama:20180925211617j:plain

 

未来、ストレート

一日の終わりに飲むストレート。

明日への希望。人待ち顔して微笑む未来。

 

参加者11名は皆さん微笑みをプレゼントしてくれた。

 

そして僕の未来も続いていく。

TEDxKyoto2018キックオフパーティーで出したウイスキー達

f:id:ScotchHayama:20180729194901j:image

グレンリヴェット・ファウンダーズリザーブ

 

約200年前、創業者のジョージ・スミスが創業当時に思い描いていた理想的な製法・レシピを、現在のザ・グレンリベット蒸留所のマスターディスティラーであるアラン・ウィンチェスターが忠実に再現し、現代に蘇られせたシングルモルトスコッチウイスキー。創業当時から変わらない、首が長く釜の幅が広いユニークなランタン型のポットスチルによって生まれるニュースピリッツを、伝統的なアメリカンオーク樽のファーストフィルで熟成。繊細な柑橘系のアロマが広がり、クラシカルなフルーティーフレーバーをクリーミーな甘さで引き立てる、とびきりスムースで完璧なバランスのウイスキーに仕上げた。

 

グレンリヴェット・ファウンダーズリザーブで伝えたかったことは「伝統」と「王道」である。2012年から続くTEDxKyotoの伝統を継承し、国内最大のTEDxとしての王道を歩んで欲しいと思いを込めた。

 

 

モンキーショルダー

モルトウイスキーの歴史に基づき、そして今では数少ない大麦の醸造を手作業で行うモルトマン達からインスパイヤされた、モンキー・ショルダー、その名は嘗てモルトマン達が過酷な手作業で受けていた肩の怪我を意味している。今は幸いにも作業環境が良くなり、モルトマン達が苦しむ事はもうない。
モンキー・ショルダーはコクのあるまろやかなお酒、100%モルト・スコッチ・ウイスキーである。スコットランドのスペイサイドから3種類の最高シングル・モルトを選び、完成された27樽のバッチでブレンドし造り上げられた。

 

TEDxのイベント当日は過酷である。特にオペレーションチームは1日4万歩以上を歩きテント張りや机・椅子の移動など重労働が続く。疲労で肩が上がらなくなるスタッフも出るだろう。今年は初めての会場なので心してかかるようにという覚悟を込めている。

 

 

カティサーク・プロヒビション

 

プロヒビション(禁酒法)の名を冠したこのボトルは、アメリカの禁酒法時代にカティサークアメリカに販売し続けた男"ウィリアム・マッコイ"の業績に敬意を 表し、禁酒法の廃止から80年を記念して造られた商品。
ラベルの中心にはカティサークのシンボルである帆船を配置し、コルク栓とブラックボトルが禁酒 法当時の伝統を引き継いでいる。
アメリカンオークで熟成されたシングルモルトと上質なグレーンウイスキーブレンド
アルコール分50%で力強さと複雑さを表現。

 

アメリカの禁酒法時代はアイリッシュウイスキーが品質問題で凋落し、カナディアンウイスキーが輸送コストの安さもあって勃興した。そんな中、ブレンデッドスコッチであるカティサークを売り続けた男ウィリアム・マッコイ。逆境をバネに飛躍する姿をそれぞれに浮かべて欲しいという願いを込めた。

 

Whisky worth spreading.

f:id:ScotchHayama:20180729202709j:image

 

42歳の誕生日の過ごし方

42歳になった。

42歳はおっさんど真ん中な感じがする。

 

 

昨晩は主催したイベントでハイボールを作り、たくさん喋ってたくさん飲んだ。

 

帰って疲れて寝てしまったので、朝ベトベトの身体を洗い流した。

 

風呂上がりに家族からおざなりな「誕生日おめでとう」と言われる。

 

特に誕生日プレゼントはなかった。

 

朝ごはんを食べてゼルダをしてだらだら過ごす。

 

早めの昼ごはんに素麺を湯がき、一人で先に食べる。

一人で気兼ねなく食べる素麺は美味い。

 

昼寝をする。

だらだらと昼寝をする。

3時間ほど寝て頭がスッキリ。

 

起きてコーヒーを淹れる。コラソンブレンドをハンドドリップで淹れる。

 

撮りためたドラマを見る。様々な俳優がさまざまな演技をするのを観る。

 

ゼルダをする。祠がなかなか見つからない。

 

今日の晩御飯は唐揚げだと言われる。

揚げると宣言する。

 

唐揚げを揚げる前に飲むことにする。

昨日のイベントで残ったクラッカーにマーマイトやチーズ、ピーナッツをのせる。

f:id:ScotchHayama:20180721215308j:image

一番好きなラフロイグハイボールを作る。

そこそこな出来上がり。80点くらい。

 

少し塩辛かったのでマヨネーズとキュウリの千切りをのせてみる。

ハイボールはおかわりする。

f:id:ScotchHayama:20180721215607j:image

まだ塩辛い。

 

トマトとハチミツを足してみる。

f:id:ScotchHayama:20180721215701j:image

ようやく味が落ち着いた。

塩味を和らげるためには酸味と甘味が必要。

 

唐揚げを揚げる。

f:id:ScotchHayama:20180721215803j:image

揚げたての唐揚げをつまみにメーカーズマーク のハイボールを飲む。唐揚げとハイボールは万能。

 

食後にケーキ食べる。

ホールではなく個別。

f:id:ScotchHayama:20180721215929j:image

ろうそくもハッピーバースデーの歌もない。

 

風呂上がりにゼルダをする。

新しいタワーに登り、地図を開拓する。

祠を3つクリアする。

ゲームを通して成長を実感する。

 

寝る前にラフロイグロアをストレートで飲む。

f:id:ScotchHayama:20180721220357j:image

48%のパンチの効いた味。

ファーストフィルのシェリカスクや小さなクォーターカスクを使った情熱のこもったフレーバーを楽しむ。

 

そのようにして42歳の誕生日を過ごした。

 

家族に囲まれながら、特に尊敬も称賛もなく、しみじみと、時が経つ。