読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

冬の朝に走ろうと思うたった一つの理由

ラン

明日の朝は走ろう!

と決意して眠りにつく

 

4時頃に目が覚めて

スマホの天気を見る

 

3℃と表示されている

かなり寒いらしい

 

毛布の温もりに包まれて

ぼんやりと二度寝する

 

冬の朝に毛布にくるまってるのは

極上の幸せだ

 

この幸せを手放して

寒空を走るのは相応の理由がいる

 

もう一度スマホの天気を見る

あと1時間で日の出らしい

 

そうだ朝焼けを見よう

 

僕は走り出した

朝焼けを見るために

 

まずは北へ向かう

暗いし寒いしすぐに後悔する

 

1kmを過ぎて小高い丘を登る

寒さで足があがらない

 

2kmで折り返してまた丘を登ると見えてきた

赤銅色の東の空

 

美しいグラデーション

朝と夜のグラデーション

宇宙と地球のグラデーション

 

丘を下ると建物で空が見えにくく

ときおり見える東の空

 

時が進むにつれ

赤銅色は蜜柑色に

 

ある華道家の言葉を思い出す

華道の魅力は”うつろい”である

 

ときおり見える空の”うつろい”は

僕の心に親密な暖かさを与えてくれる

 

5kmを過ぎ西へ向かう

しばし暖かな空と別れ薄蒼の空を目に走る

 

ゆるやかな登りが続く

タッタッタッタッと僕の足音だけが聞こえる

 

風が強くなり

刺すような寒さが手足をつらぬく

 

6kmを過ぎて公園に入る

木々が光を遮りわずかに夜を取り戻す

 

公園の草原を走る

ザッザッザッザッと小気味よい音

 

元気な声で体操をしている老人たち

その横をひっそりと走り抜ける

 

公園の端に立つ鉄のオブジェ

ひんやりとしたその身に触れ折り返す

 

東の空に向かって下る

グラデーションの空が広がる

 

グラデーションに映える

落葉したトチの並木のシルエット

 

トチの木のてっぺんに一羽のカラス

その横を飛び去るカラスを追いかける

僕も二羽のカラスを追いかける

 

しなやかに翔ぶカラスに追いつけるはずもなく

二羽のカラスはどんどん小さくなる

 

空はすっかり青くなり

グラデーションは雲の光に移っていた

 

あと1km快調にとばす

茂みからスズメが飛び出した

 

幸い事故もなく無事にゴール

熱いシャワーを浴びて僕の一日が始まる

 

33/160