読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

「30歳から英語がペラペラに!コピペで日常英会話を話せるフレーズ65選」65個も覚えられないのでさらに厳選した9フレーズ

英語話せるようになったら楽しいよね。

 

僕は酔っ払った時は調子いいけど、普段はできる限り他の人にしゃべってもらうようにしてる。

 

こんな記事を見つけたよ。

native-phrase.com

 

いずれも日常会話にすぐに使えそう。

でも65個も覚えてる自信がないので、これは使いたい!ってのを厳選してみた。

 

1. 会話を始める時に使うフレーズ

008 . What's up? 元気?

友人同士など親しい間柄で使う、とてもカジュアルなあいさつ。
省略形のS' up?(発音はツアップ)も同じ意味で、同様によく使います。

これ言えたらカッコイイよね。黒人っぽい。

 

2. 相手に何かを尋ねる時に使うフレーズ 

015 . You got it?わかった?

友人同士など親しい間柄で使うフレーズ。

 これも言えたらカッコイイ。映画でよく使われてそう。

 

3. 出会い・別れの時に使うフレーズ

024 . I'm off.じゃあ行くわ。

これを使う日本人はまずいないでしょう。かなりネイティブの英語で、ごくカジュアルな表現です。

これは知らんかった。昔「Face off」って映画があったな。ジョン・トラボルタニコラス・ケイジの顔は付け替え無理だろ!って突っ込みたくなった。

 

4. 同意する時に使うフレーズ

039 . That makes sense.

そういうことか。「なるほどね」「あ~そうか」「つじつまが合うね」などの意味で、相手の話に納得がいったときに言う言葉です。

 これも知らないフレーズ。「なるほどね」は日本語でよく使うので使ってみたい。

 

5. 相手の意図を理解した時に使うフレーズ

043 . Why not?もちろんいいよ。

直訳の「なぜ、ダメ?」→「もちろんOK」という意味になります。

これは知ってるけど、なかなか使えてないフレーズ。ダメなわけないじゃん!という反語やね。

 

6. 否定する時に使うフレーズ

047 . Not exactly.ちょっと違うけど。

「そうでもないけど。 ちょっと違うけど。」という意味で、あいづちとしても使います。

これも日本語ではよく言う。「ちょっとちゃうけどな!まぁええか!」”Not exactly. I'm OK.”って感じか。

 

7. 保留する時に使うフレーズ

054 . I have no idea.さっぱりわかりません。

たとえば難しい質問をされて答えがわからないとき、何か尋ねられて見当もつかないときなどに使います。ちょっと投げやりな表現。

 外国でよく使いそう。ボディランゲージしながら。

f:id:ScotchHayama:20160110165909j:plain

 

8. 聞き返すときに使うフレーズ

058 . What does it mean?それ、何ていう意味?

会話の中でわからない単語があったら、全部これで聞けます。What does shy mean?( シャイって何ていう意味?)とか、What does general mean?( ジェネラルって何ていう意味?)など。

 これは留学生とかと英語で話す時によく使ってた。日本語でも英語でも。お互いの言語の勉強になるよね。

 

9. 応答するときのフレーズ

064 . Nothing much!とくに何もないよ!

What's up ?(元気?)の返答で、特別な意味を持ちません。

 What's up?とセットで覚えたい。「どげんね?」「なんでんなかよ」って感じか。

 

以上!

 

あとは使うだけ!外国人を見つけて話しかけよう!!