読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

古墳の森が消えた。この悲しみは誰と共有したらいいの?

僕のマンションのベランダの窓から古墳の森が見えていた。

 

駅前で人工物に埋め尽くされつつある一帯だが、古墳だから、そこだけは自然が残っていた。たぶん樹齢100年以上の木がたくさんあっただろう。鳥もたくさん住んでいた。

 

冬になると葉が落ち、春になると芽吹き、夏になると繁茂し、秋になると彩りが増えた。

 

キッチンで料理をしながら、子供たちが遊んだり、勉強する姿をみながら、季節を感じられる窓だった。

お気に入りの窓だった。

 

先週くらいに、古墳の木がどんどん伐られていった。

いまはすべて切り株だけになっている。

 

丸裸になった古墳を見るたびに、僕の心も丸裸にされているように感じてしまう。

さめざめと悲しくなってしまう。ぽっかりと穴があいたようだ。

 

www.youtube.com

スザンヌ・シマードは森はつながっているという。

木は根を張り、根っこの近くの菌が土中の養分を吸収しやすい形に変えている。

それらはFacebookの人のネットワークのように複雑につながり、マザーツリーと呼ばれる大木・古木が巨大な根を深々と広々と張り巡らし、様々なところへ養分を行き渡らせることで、若木の成長を助けているという。

ネットワークは堅牢で、1本や2本の古木を抜いてもすぐに回復するが、全てを伐り倒してしまうと、そのネットワークは壊滅的な打撃を受けてしまう。そう容易く回復はしない。また永い年月が必要となる。

 

僕の窓から見えていた古墳の森のネットワークは誰かの思惑でズタズタに引き裂かれてしまった。

 

そのことが、今後の僕にどのような影響を及ぼすのか、不安だ。

 

新たな森を見つけにいかなければいけない。

 

 

 

 

あなたの森はどこにありますか?