読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

十津川村マラソン走ったら、ゲストランナーの湯田友美さんが可愛すぎて困ったよ!

ラン

湯田友美さん。

お噂はかねがね聞いておりました。

「美人すぎるランナー」

ネットでいろいろと写真や動画を拝見しました。

言うほどか?と思ってましたよ。

 

実際、会ってみた。

十津川村に着いたら、湯田ちゃんいた。めっちゃ顔ちっちゃい。めっちゃ可愛い!

目の前で「写真撮ってもいいですか?」攻撃を受けてたので僕も列に並んだ。

 

僕の順番になった。

カメラをスタッフの方に預け、「よろしくお願いします」湯田ちゃんと握手。

 

手、あったかい。アハ」とニッコリ笑顔。

 

おーーーーーー!ズギュン!!!撃ち抜かれた。メロメロだ。ポケットに手を突っ込んでて良かった。ずっと外で立ってて寒かったんだよね湯田ちゃん。

 

で、一緒に撮ってもらった。

あ、ペンギンさんだー

僕のスマホカバーはペンギン柄だったのだ。ほぼ日のiPhone5ケース「さよならペンギン」だ。長年使ってて良かった!湯田ちゃん可愛いよ!なんだよもう!!!

f:id:ScotchHayama:20160131093415j:plain

 

湯田ちゃんは10kmを走るという。

僕はハーフマラソンだ。

 

でも、最初の10kmは一緒のコースだ。どこかで会うかもしれない。

 

スタートして1kmほどで、軽快に走る湯田ちゃんを見つけた。みんなに声をかけている。

 

僕も湯田ちゃんに追いつき、

「がんばってくださいねー」と声をかけ、颯爽と走り抜いた。

 

ちょっと最初に飛ばしすぎたのでペースを落とした。

ゆるやかなアップダウンが連続するコースだったので徐々にペースが落ちてきた。

 

今度は逆に湯田ちゃんが追いついた。湯田ちゃんはずっと同じペースのようだった。相変わらず軽快に走っている。周りの人に声をかけている。

 

僕も声をかけられた。

「結構、アップダウンが多いですね」

「初めてなんですかココは?」

「そうなんですよー」

「でも自然が豊かで気持ちいいですね」

「そうですねー」

「10kmなんですよね」

「そうですー。10kmですか?」

「ハーフです」

わー、がんばってくださいねー

 

はい!がんばりますとも!

 

その後、湯田ちゃんは同じペースで相変わらず軽快に走っていく。

僕は練習不足もあったので無理せず遅めのペースで走っていく。

 

5km過ぎくらいで最初の折り返しがあるコースだ。

先行するランナーたちが次々と折り返してくる。力強い走り。坂道をものともしない。

僕はいつも通り、対向するランナーたちに声をかける。パンパンと拍手しながら。

「ファイトー!」「ナイスラン!」「ガンバッテー!」

ランナーも黙礼したり手を上げたりしてくれる。

 

僕ももうすぐ5kmというところで、湯田ちゃんが来た!

「がんばってくださーい!」パンパンと拍手しながら大きな声をかけた。

「はーい」にこやかに手を振ってくれた。

相変わらずペースは変わらない。

やっぱり元実業団の選手だ。おまけに本当に楽しそうに走ってる。

 

 

それ以降、湯田ちゃんとコース上で会う機会はなかったけれど、

僕は湯田ちゃんの笑顔と美しい走りを糧にハーフマラソンを走り抜いた。

 

タイムもまずまずだったし、試してみたかったナンバ走りのコツも掴めたし、収穫の多いレースだった。

 

湯田ちゃんはレース後の表彰も最後まで笑顔でいた。

本当に素晴らしいゲストランナーだった。

 

関西のすべてのマラソン大会でゲストランナーになってほしい。

湯田ちゃんは爽快感の塊だった。颯爽としていた。爽やかすぎだ。身も心も美しすぎだ。僕の娘も湯田ちゃんみたいになってほしいと思った。

 

f:id:ScotchHayama:20160131082822j:plain

宣材写真も美しい。

よくやった十津川村!よく呼んでくれた!

 

また来年も行こう。そして湯田ちゃんも是非来てほしい!