読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

なぜ人は酒を飲むのか?適度な酔いがもたらす意外な効果とは

コーヒー 思索

これは、朝五時に起きてアイリッシュコーヒーを飲みながら書いた文章である。

 

f:id:ScotchHayama:20160303053709j:plain

 

僕はお酒が好きだ。

特に、ウイスキーが好きだ。

 

なぜウイスキーが好きかというと、いろいろな、本当にいろいろな理由があるけれど、

第一にあげるとしたら、

ゆっくり自分のペースで飲める酒だからだ。

 

ストレートは度数40度以上ある。

しかし、水と一緒に飲めばそんなにしんどくない。

むしろ、胃の中でアルコールは薄められ、翌日もつらくない。

 

氷をいれずにストレートで飲み続ければ味が変わらない。

氷を入れてしまうと、確かに飲みやすくなるが、時間が経つにつれ氷が溶けて味が薄まってしまい、不味くなる。

その点、ストレートはいい。

少し先がすぼんだワイングラスのようなグラスにストレートのウイスキーを注ぎ、ちびちびと飲む。

飲まない時はコースターとかで蓋をしておくと、軽い香りも充満されてて、蓋を開けた瞬間に華やかな香りを感じることができる。

飲み終わっても、蓋をしていると、ほんの一滴残ったウイスキーから立ち上る香りが充満してて、残り香を楽しめる。

 

ウイスキーは香りが命。

特に、シングルモルトスコッチの多様性に富んだ香りは、それぞれの蒸留所ごとに全く異なる特性を持つので、楽しい。

蓋を開けた瞬間に香る、グラスを傾けると別の香りがする、飲むと、口の中で広がる香りもまた違う、飲み終わった後に余韻で鼻に抜ける香りもまたまた違う、何度も何度もいろいろな、時とともに移り変わる香りが楽しめる。

 

素晴らしい酒だ。ウイスキーは。

ストレートで飲むのが一番魅力を感じられる。

 

ただし、そのような深い楽しみ方は最初の一杯だけだ。

もしくは、相当に長く時間をおいてから二杯目を飲んだ時だ。

もしくは、相当に相当に長く時間をおいてから三杯目を飲んだ時だ。

もしくは、相当に相当に相当に、、、四杯目以降につづく。

 

人によって適量はある。

僕の場合は一杯が丁度いい。

ウイスキーでいえば30ml。ワンフィンガー。

その量の酒を摂取すると、1時間くらいは心地よい酔いを楽しめる。

 

適度な酔いは素晴らしい。

なぜ素晴らしいのか?

 

それは、

 

恥じらいがなくなるからだ。

プライドがなくなるからだ。

自分を出せるからだ。

ありのままの自分を出せるからだ。

自由になれるからだ。

思考が豊かになるからだ。

人に優しくなれるからだ。

幸せになれるからだ。

楽しくなれるからだ。

人生は素晴らしいと思えるからだ。

世界は平和だなーと思えるからだ。

明日もがんばろうと思えるからだ。

世界は輝いていると感じられるからだ。

今、この瞬間を楽しもうと思えるからだ。

酒が愛おしく思えるからだ。

幸せそうに寝ている家族を思い浮かべるからだ。

 

そんなことを、朝の六時に30mlのカティサークが入ったアイリッシュコーヒー(正確に言うとゲーリックコーヒー)を飲みながら考えた。