読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

コラソンでアイリッシュコーヒーについて語った夜

コーヒー
アイリッシュコーヒー。

アイリッシュウイスキーとコーヒーのカクテル。

何を選び、どんな手順で作るかによって味が全く変わる。

コラソンのマスターに問われた。
アイリッシュコーヒーの作り方を教えてください」と。

バー倉吉アイリッシュコーヒーが一番美味しかったので、作り方を教えた。

フルートグラスに角砂糖を一粒入れ、
アルコールランプでフランベしたアイリッシュウイスキーを額の高さから注ぎ炎のタワーを演出する。
かるくグラスを回しステアして、ドリップしたコーヒーを注ぐ。
生クリームをそっとのせて出来上がり。

アイリッシュウイスキーは3回蒸留のため、アロマはそれほど強くない。口にした時に仄かにオイリーでモルティーなのが特徴だ。

コーヒーのフレーバーを活かすならアイリッシュ、ウイスキーのアロマを主張させるならスコッチ(ゲーリック)だと、僕は考えている。

浅煎りでフルーティなコーヒーにはマッカランのような華やかなスコッチが合うと思う。

深煎りなら合わせやすいアイリッシュか、あえて主張の強いピーティなアードベッグが合うかもしれない。

コラソンのマスターはそんな話をして以来、アイリッシュコーヒーの研究をしている。いつか金曜の夜に提供したいとのこと。

まずは、これまでの研究成果を試飲させてもらった。
f:id:ScotchHayama:20160308074018j:image
コーヒーは深煎り、ウイスキーはブッシュミルズとブラックブッシュの2種類。
マスターはお酒があまり得意じゃないほうで、普通のブッシュミルズのほうが好きだったとのこと。

コラソンのマスターが編み出した作り方は、たくさんのオーダーが入った時に対応できるやり方だった。

ドリップしたコーヒーを片手鍋に入れて砂糖を溶かしておく。
片手鍋にウイスキーを入れて火にかけ、フランベ。
ウイスキーにコーヒーを注ぐ。
グラスに分け入れ、生クリームを浮かべる。

f:id:ScotchHayama:20160308073600j:image
その時に店にいたお客さん分の6杯のアイリッシュコーヒーができた。

まずは普通のブッシュミルズ
うん。なかなか美味い。コーヒーの味がしっかりしてるし、生クリームがまろやかにまとめてる。飲んだ後にブッシュミルズのモルティーな余韻がくる。

次にブラックブッシュも作ってもらった。
やはり、こちらのが美味い。
ブラックブッシュはモルトを80%以上使用してシェリー樽で熟成させた超熟タイプのブレンデッドだ。普通のブッシュミルズよりも1000円ほど高い。ブラックブッシュのアイリッシュコーヒーのほうが、よりモルティーでウイスキー感を楽しめる。余韻が長い。
同じくウイスキー好きのベッチも同意見だった。
ウイスキーをあまり飲まない人はマスターと同じく普通のブッシュミルズのほうが好きなようだ。
まぁこれは好みの問題。
普通のブッシュミルズはエントリーモデル、ブラックブッシュは上級者向けだろう。さらにウイスキー好きならばスコッチに移行しても良い。

しかし、久しぶりにアイリッシュウイスキーを飲んだ。ストレートで飲むと違いがよりはっきりする。ブラックブッシュは美味い。

だが、持参したカティサークはさらに美味かった。一本1000円で買えるこのブレンデッドスコッチは僕的に一番コスパがいい。コーヒーをチェイサーにカティサークのストレートを飲むのも結構楽しい。
f:id:ScotchHayama:20160308075410j:image

ウイスキーとコーヒーの組み合わせは無限の選択肢があるなぁ。