読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

「闘いからの卒業」と書いてみて思う尾崎豊のこと。

思索

今週のお題「卒業」ということで、僕の卒業について書こう。


この支配からの卒業

闘いからの卒業


尾崎豊の「卒業」の歌詞である。


僕は支配されていた。

ちゃんとしなきゃ!っていう脅迫観念から。

それが酷くなって鬱になった。

自分自身と闘っていた。


会社を休んで、ゆっくりと京都を巡って、自然と触れ合って、人と話して、


支配からは解放されつつある。


無駄な闘いは避けれるようになってきた。


だけど、たまに支配が顔を出す。

夢に出てくる。

胸が苦しくなる。


そんな時は、

ただ、

身を委ねる。


流れに身をまかせる。


力を抜く。


ふっと、息を楽に、

ただただ、生きていることを、思い浮かべる。


すると、

するっと、抜け出せる。


するりするりと、前へ進める感じがする。


今は、その、感じだけを、大事にしていこう。