読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

中学校の入学式で思う、大人の面倒臭さと子供の純粋さ

今日は娘の中学校の入学式だった。

制服姿の娘はかわいかった。

産まれてから、もうすぐ13年が経つのだなと感慨深かった。

すごい成長した。

もう、半分大人だ。


久しぶりにスーツを着て、式に参加した。

1時間半ほどの式。

ほとんどが大人の挨拶だった。

校長やら教育委員会やら町長やらPTA会長やら。

やたら形式ばった挨拶だ。

ご臨席賜りだのなんだの。

僕も大人になって、大人の事情は分かるようになったけど、相変わらず、こういう式での挨拶というのはつまらない。

それとは違って、在校生の挨拶は良かった。形式ばった話はなく、瑞々しかった。
桜のようだった。

小学生も良かったけど、中学生も良いものだな。

娘は吹奏楽部に入るようだ。
演奏会とか観に行けるのかな?

楽しみだな。