読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

『ゆとりですがなにか』における世代間ギャップと叱ることの難しさ

ゆとりですがなにか

楽しみにしてた。
公式Twitter岡田将生くんのTwitterもフォローしてた。

やっぱ面白かった。安心して笑えた。

のっけからおじさんレンタルが登場。
僕もやってるおっさんレンタルをモチーフにしたものだ。

鋼太郎さんのレンタルぶりは参考になる。落ち着いて話を聴き、適度にアドバイスをする。

システム的には、
1時間1000円という価格設定も同じだった。交通費は別途必要も同じだった。飲食代は自腹かおごってもらうかは依頼者とその場で決めるシステム。鋼太郎さんはカフェラテとBLTサンドをおごってもらってた。

岡田将生くんが主人公。居酒屋「鳥の民」も経営してる、みんみんホールディングスに勤務。ワタミのようなブラック企業っぽい設定で笑うに笑えない。

「叱られたことないんで」

これが今回のキーワードだった。

同じゆとりだけど、どっぷりゆとり世代の後輩の山岸との世代間ギャップに悩み、山岸の尻拭いに奔走する岡田将生くん。めっちゃ頑張って仕事してる。

自分も叱られたことないんで、後輩の叱り方が分からず悩む。

でも、山岸がとんでもないミスをして、ブチ切れてめっちゃ叱る。

それが功を奏して事態はうまく収まった。



はずだった。

次回が気になるわー。