読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

重版出来!の3話を見て、NARUTOの停滞期を思い出した

TV 読書
f:id:ScotchHayama:20160430210941p:image


今回も面白かった!

f:id:ScotchHayama:20160430211045p:image
滝藤賢一演じる高畑一寸は「ツノひめさま」という人気漫画の作者。
f:id:ScotchHayama:20160430211020p:image
原画は河合克敏さん。「帯をギュッとね!モンキーターン」「とめはねっ!」で有名。絵がきれいで好きな漫画家。

f:id:ScotchHayama:20160430211740p:image
ツノひめさま読んでみたい。

和田編集長によると、
「ツノひめさま」は7巻くらいで停滞期があったそうだ。でも、そこを乗り切って不動の人気を得て、20巻を超える長期連載に。一寸はデビュー作が代表作となった。

このエピソードを聞いて、NARUTOを思い出した。
NARUTO岸本斉史のデビュー作で、最初から面白かった。僕も10巻くらいまでコミック買ってたもんね。大蛇丸による木の葉崩しまでの怒涛の展開が良かった。
しかし、その後、サスケが木の葉の里を出て行って、ナルト達が追いかけながら、大蛇丸に呪印をつけられた刺客達と1対1で闘っていくあたりは停滞期だったと思う。ワンパターンの連続で、それまでがめっちゃ面白かっただけに残念に思っていた。
でも、さすが、岸本斉史さんは停滞期を乗り越え、その後はラストまでスッゲー展開が良かった。突き抜けてた。

そんなことをしみじみ思い出しながらドラマを観ていた。


f:id:ScotchHayama:20160430211821p:image
しかし、今回も心の服かわいい。

f:id:ScotchHayama:20160430211855p:image
営業じゃなくなったのでカジュアル路線。

f:id:ScotchHayama:20160430211937p:image
スカートとパンツを交互に履いてる印象。

f:id:ScotchHayama:20160430212025p:image
この服どこのだろう?

f:id:ScotchHayama:20160430213129p:image
今回は荒川良々も良かったなー。

f:id:ScotchHayama:20160430213207p:image

f:id:ScotchHayama:20160430213237p:image
メロンヌ先生

f:id:ScotchHayama:20160430213304p:image
応援してくれた読者のために、次こそ頑張りましょう!

f:id:ScotchHayama:20160430213403p:image
まさかのムンバイ!
ふりむけばガンジス!

f:id:ScotchHayama:20160430213635p:image
ハハハハハッ

こんな、漫画家と編集者の関係、いいよねー。