読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

十津川トレイルランを走ったら世界遺産の熊野古道も通って、楽し辛かったよ!

f:id:ScotchHayama:20160516180347j:image
十津川トレイルラン。

来月の飛騨高山ウルトラマラソンの練習を兼ねて、軽い気持ちでエントリーしてみた。

距離は35km。

スタート前のガイダンスで、
走るところはほとんどなく、
途中はロープを使いながら登る。
全国屈指のタフなコース。

という説明を聞いた。

コースマップをあらためて見ると、ほとんどが尾根伝いで、等高線がありえないくらい狭い。

こりゃやべーな。

覚悟を決めて走り出した。

といっても、最初は一般道なので一列縦隊で歩く。
f:id:ScotchHayama:20160516180640j:image


f:id:ScotchHayama:20160516181147j:image

すぐに山に入り、

だんだん斜面がきつくなってくる。

f:id:ScotchHayama:20160516181228j:image
写真では全く伝わらないと思うけど、ロープ使わないと登れないほど急斜面をひたすら登る。

途中、無理して登ろうとして、足がつる。

休み休み何とか登りきると、スタート地点の十津川温泉の建物が遠〜くに見える。
f:id:ScotchHayama:20160516181418j:image

若干の達成感を味わいつつ、まだ6kmしか来てないことに気づき愕然とする。


今度は下り。

時々走る。


結構な斜面なので、靴紐を結び直しトライを続ける。
f:id:ScotchHayama:20160516181637j:image


ようやく第一エイド。
11km地点。
f:id:ScotchHayama:20160516181835j:image

久しぶりのアスファルトは走りやすいけど暑い。
f:id:ScotchHayama:20160516181915j:image


また山に入る。


花っぽいキノコ?を見つける。
f:id:ScotchHayama:20160516182001j:image
見た目は美味そう。


2番目の難所の劇的な坂を登る。

ひたすら登る。

無理せず、一歩ずつ。

何度も休憩しながら。

これまた写真では全く伝わらないけど、急斜面で腰掛けて休憩。

f:id:ScotchHayama:20160516182354j:image

一時間くらいずっと登ってたかな。

ようやく平坦な場所に出る。

f:id:ScotchHayama:20160516182534j:image

人間は平らな所じゃなきゃ生きていけないもんだと実感する。


走り(登り?歩き?)始めて三時間半が経過、
持参したおにぎりを食べる。

f:id:ScotchHayama:20160516182902j:image
めっちゃうまい!腹に沁み入る。


f:id:ScotchHayama:20160516183724j:image
植林中で山肌があらわなところに出た。暑い!

けど、めっちゃ景色いい!
f:id:ScotchHayama:20160516183823j:image
日本って山が多いなーとつくづく思う。


また、花っぽいキノコ?を見つける。名前なんやろ?花キノコ?
f:id:ScotchHayama:20160516183931j:image


いい感じな木漏れ日。
倒木が通せんぼ。
f:id:ScotchHayama:20160516184029j:image


また花キノコ。
f:id:ScotchHayama:20160516184137j:image
白くて薄ピンクでかわいい。


平坦な道をずいぶん歩いて走って、

下りを蝶のようにふわりふわーりと下る。

ちょうどいい坂。

下り終わったら、第二エイドの小学校。21km。

f:id:ScotchHayama:20160516184359j:image

たらふく補給して、最後の難所へ。


f:id:ScotchHayama:20160516184522j:image


一番きつい登りらしい。

f:id:ScotchHayama:20160516184610j:image

手も使いながら登る。

f:id:ScotchHayama:20160516184641j:image

ひたすら登る。

f:id:ScotchHayama:20160516184659j:image

木の根元は平らなので休憩スポット。


f:id:ScotchHayama:20160516184803j:image

まだまだ登る。


苔生した倒木はふわふわして気持ちのいいベンチになる。
f:id:ScotchHayama:20160516184832j:image


f:id:ScotchHayama:20160516184921j:image
途中から木の枝を杖代わりにして登る。かなりラクになる。やはり4足歩行がいい。


樹齢200年くらいのブナの木で佇む。
癒される。
f:id:ScotchHayama:20160516185027j:image



この枯れ木は自然のアートだ。存在がいい。
f:id:ScotchHayama:20160516185117j:image


ようやく最後の難所を登りきる。


ご褒美のように美しいブナ林が広がる。

f:id:ScotchHayama:20160516185221j:image


変なキノコ後を見つける。意外に硬い。
f:id:ScotchHayama:20160516185413j:image


1000m以上の高さなのでだいぶガスってきた。

f:id:ScotchHayama:20160516185458j:image


山頂の目印を見つけるとなんかうれしい。
f:id:ScotchHayama:20160516185610j:image

さらに尾根沿いを走る。スタートしてから8時間経過。食料も水もあとわずか。


最後の山の果無山に到着!あとは下るだけ。
f:id:ScotchHayama:20160516190001j:image


熊野古道の標識が!
テンション上がる。
f:id:ScotchHayama:20160516190057j:image


f:id:ScotchHayama:20160516190215j:image

f:id:ScotchHayama:20160516190235j:image

f:id:ScotchHayama:20160516190304j:image
昔、水田だった跡らしい。
f:id:ScotchHayama:20160516190359j:image
雨水だけで水を確保してたらしい。

ひたすら熊野古道を下り、第四エイドへ。黒ボウが美味かった!

おー!あと1.3km!
f:id:ScotchHayama:20160516190425j:image


そして熊野古道が石畳になる。
めっちゃ走りにくい。
f:id:ScotchHayama:20160516190544j:image

世界遺産の石碑。
f:id:ScotchHayama:20160516190618j:image

f:id:ScotchHayama:20160516190709j:image
この道はテレビとかでも紹介されるね。

熊野古道は民家の中も通る。

f:id:ScotchHayama:20160516190928j:image

飼い葉桶みたいなのに水がはってて、白い花が一輪。
f:id:ScotchHayama:20160516191004j:image


ゴール見えた!あと1km。
f:id:ScotchHayama:20160516191109j:image

相変わらず熊野古道は石畳。
走りにくいったらありゃしない。
f:id:ScotchHayama:20160516191142j:image

吊り橋を渡らせる演出?
f:id:ScotchHayama:20160516191220j:image

f:id:ScotchHayama:20160516191256j:image

トンネルを抜けると

f:id:ScotchHayama:20160516191318j:image

そこはゴールだった。


f:id:ScotchHayama:20160516191350j:image
源泉かけ流しの十津川温泉は気持ちよかったぜい。



来月はいよいよ飛騨高山ウルトラ100km