読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

行きつけのバーが移転した時に常連客がとるべき行動

f:id:ScotchHayama:20160523074010j:image
行きつけのバーが移転した。

あらゆるバーに通って、最も居心地がいいと思えるバーだった。

一人で行くべきバーだった。

寿司屋に行ってから2軒目で行くのがベストなバーだった。

8ヶ月ぶりに行ったら、移転していた。

幸い、前の場所から100mも離れてなかったのですぐに見つかった。

前の店は2階だった。

今度は路地から奥まった場所の1階。
f:id:ScotchHayama:20160523074010j:image

入ってみた。

全体的に広くなっている。

カウンターが直線からL字に。
ボックス席は二つで変わらないけどゆったりしてる。
席数は1.5倍くらいになってる。

僕が入った時はボックス席が満席、カウンターに数組がいた。

僕はL字のカウンターの角に座った。

マスターは相変わらず。
置いてる酒も相変わらず。
f:id:ScotchHayama:20160523074956j:image
店の雰囲気も相変わらずだった。

マスターはボックス席のカクテル作りに忙しそうだったので、ひと段落したところで注文した。
「オススメのフルーツカクテルかワインで」

「それではワインをお持ちします」

予想通りだった。

このバーで飲むワインはうまい。

今日、抜栓したばかりの赤ワインを出してくれた。
f:id:ScotchHayama:20160523075432j:image
グラン・クリュクラッセ
シャトー・ボーセジュール・ベコ 2008年
f:id:ScotchHayama:20160523075450j:image
ボトルで買うと8000円くらい。

めちゃめちゃ美味い!
その前に安い薄いワインを飲んでたから余計に美味い!味も香りもしっかり主張してくる僕の好きなタイプだ。

「うまいっすねー」

「ありがとうございます」


しばしワインを楽しむ。

マスターは相変わらずボックス席の対応に忙しい。



ワインが空いて、しばらく経ち、次を注文した。

「久しぶりにソサエティ飲みたいので、オススメのやつ」

「そうですねぇ、ハーフショットでもいいですか?」

「もちろん!」

ハーフショット出すということは、この店の上限価格の一杯1680円を超える貴重なウイスキーが出てくることを意味する。

f:id:ScotchHayama:20160523081154j:image
ナンバー71.35。
蒸留所を聞くとファッターケアンだという。
熟成年数は27年、度数は57.2
ボトルで買うと16000円。

27年ものの割には主張してくる。アルコール感が強いが嫌じゃない。クリーミーな香り。余韻が心地よい。


やはり、いいバーだ。


しみじみと思いながら、ゆっくりとシングルモルトを飲み干す。


その間に僕以外の客がみんな帰っていった。
ほとんどの客は一杯しか飲んでないらしく、えらく勘定が安い。

「一気にいなくなりましたね」

「こんなもんですわw」

バーというものは団体でくる人ほど面倒くさい注文をする割に、高いものを頼まない。
そして長くいる。酒より会話を楽しむ。

しかし、僕のような常連客は、マスターとの会話を楽しみ、酒を楽しむ。
たいてい2、3杯は飲む。
たまにマスターにも一杯おごる。一緒にワインを飲みましょうと誘う。

1、2時間ひっそりといて、売り上げにも貢献する。

だから僕はバーには一人で行くことが多い。


終電の時間を確認し、最後にゲーリックコーヒーを注文した。
f:id:ScotchHayama:20160523082725j:image

隠し味に僕の好きなラフロイグを使ってくれてた。

幸せを噛みしめながら、ゆっくりとゆっくりと飲む。


飲み干して、余韻を充分に楽しんで、会計を済ませた。


また来よう。

今度は寿司屋に寄ってから来よう。