読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

茶道とランニングの共通点

ラン 学び
会社の茶道部のお稽古日だった。

昨年から入部してるけど、全然行けてなくて、今回で2回目だった。

2回目だけど、茶道とランニングの共通点を見つけた。

僕は最近、ランニングでナンバ走りを練習してる。ナンバ走りは身体の無駄な動きを排除した走り方だ。

無駄な動きを排除するためには、重心を意識することが大事だ。ヘソと恥骨の間の奥にある丹田を意識する。

そして無駄に腕を振らない。腕を振ると重心がブレやすくなる。だから、手を気持ち前に出して小さく振る。

足はすり足気味に細かく動かす。いや細かく動かすというより、前に振り出すという方がしっくりくる。

全体の動きで見ると、忍者のような走り方になる。

慣れないうちは腰に手を当てて走るといい。

その動きはゆっくりすると能や歌舞伎、日本舞踊のようになる。茶道の所作にもつながる。

茶道の歩みもすり足でスッスッと進む。

正座の時も丹田を意識して、気持ち前かがみになると足が痺れにくかった。

茶道とランニングの共通点は丹田の使い方だと思う。


そして、茶道の道具の使い方は勉強になる。
バーテンダーにとっても役に立つからだ。