読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

「ラブソング」フジテレビの迷走を救うのは山口紗弥加だ!

福山雅治主演「ラブソング」がひどいことになってる。

歌手を目指すヒロインは喉に悪性腫瘍が見つかり最悪声が出せなくなるというベタな展開。

唐突に吃音の少女を登場させ、思い出したかのような吃音フラグ。

岡村隆史をこっそり登場させ、話題にしようという見え透いた魂胆。

「いま噛んだじゃろ?」アドリブなのか分からないけど、イラッとする演出。


数え上げればきりがないけど、見続けたのは藤原さくらの歌が聴けるからだった。

でも、それも裏切られた。

手術前に単独ライブをしたいと言い出し、職場の人にも声をかけて実現。
福山と二人で作った思い出の曲を歌いだす。

これでようやく聴けると思った矢先、ワンフレーズで無音に。

いやいやいや、歌を聴かせろよ!

代わりに見せられたシェリルと福山の顔合わせは、シェリルがスッゲー嫌な奴だっただけだし、次の展開が全く期待できない。


もうこのドラマを見るのはやめようと思った。

唯一の救いが山口紗弥加だ。
f:id:ScotchHayama:20160601080235j:image


山口紗弥加菅田将暉の同僚として出てる。
幼馴染の藤原さくらのことが好きな菅田将暉藤原さくらに振られて自暴自棄になって山口紗弥加と寝た。
ベッドシーンはTwitter上で話題になり、菅田将暉ファンがキャーキャー言ってた。
でも、それも山口紗弥加の演技があればこそなのだ。

山口紗弥加はこれまで数多くのドラマに出演している。
決して主役ではないし脇役の中でも重要な役柄は少ない。
しかし、その演技力は高い。
要求される役をしっかりこなす。

同い年の広末涼子竹内結子に匹敵するほどのルックスにも関わらず、若い頃からひたすら脇役をやってきた。
永遠の助演女優。

はっきり言って、僕は山口紗弥加がめちゃめちゃタイプである。

山口紗弥加がテレビに出てたら釘付けになる。
うっとりとその演技を見てしまう。
相変わらず頑張ってるなーと思ってしまう。

だから、たとえ「ラブソング」がひどいドラマであろうとも、しっかりと自分の役を全うする山口紗弥加がいる限り、最後まで見続けるだろう。