読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

娘の誕生日絵本のストーリー

絵本

明後日、6月24日は娘の13歳の誕生日である。

 

カステラさん絵本も6作目になる。

 

ストーリーはできた。

 

カステラさん「せんべいジイさんのお店の前に置いてる猫の置物は何?」

せんべいジイさん「これはね、招き猫だよ。招き猫はね、」

せんべいジイさんは招き猫の由来を語り出した。

 

豪徳寺がまだ小庵であったころ、庵主の僧が一匹の猫を飼っていた。

あるとき庵主が猫をなでながら、独り言に、精のあるものならば、育ててもらった恩に報いても良いのにといった。

それを聞き、猫は門前でうなだれていた。

そのうち、激しい雷雨になった。

そこへ、立派な狩装束の武士が、ニ、三の共の者を連れて通りかかった。

すると猫が、前足をあげて武士を招いた。

不思議に思った武士が、猫について行くと、庵がある。

そこで雨宿りをしながら、武士は庵主の法談を聞いた。

老僧の高徳・博識と猫の霊妙なふるまいに感じた武士は、その庵を菩提寺に定めた。

その武士は、近江(現在の滋賀県)の彦根藩主、井伊家の第二代当主、井伊直孝であった。

 

カステラさん「ひこにゃん!」

おしまい。

 

 

 

あとは描くだけ。