読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

京都のイタリアン河村食堂でオーストラリア人のおっちゃんにワインを奢ってもらったよ!

学び

f:id:ScotchHayama:20160714200128j:image

 

今出川の住宅地にひっそりとある河村食堂。

 

イタリアン食堂だ。

 

f:id:ScotchHayama:20160714200235j:image

細い路地を通って店に入る。

 

カウンターは5席ほど、奥にテーブルが2席の小さな店だった。

 

ワインを頼むとタパスがついてきた。

f:id:ScotchHayama:20160715181642j:image

 

レバーパテとポテトパテのカナッペと生ハムとサラダ。

 

レバーパテが美味かった。

 

赤ワインなのでボロネーゼを頼んだ。

f:id:ScotchHayama:20160715181822j:image

生パスタでしっかりめの麺にミートソースがよく絡む。

 

f:id:ScotchHayama:20160715181914j:image

バゲットにもソースをつけて食べる。美味い!

 

隣では店主の子供がアイス食べてた。

f:id:ScotchHayama:20160715182116j:image

2歳くらいかな。かわいい。

 

 

僕が来店した時はお客さんが僕一人だったけど、家族連れが一組奥のテーブルにつき、そして白人の初老の男性が一人で来店して僕の右隣に座った。

 

左には店主の子供、真ん中に僕、右に白人男性とそれぞれ一席空けて座っている。

 

白人男性は日本語がほとんど話せないらしく、メニューを英語で聞いていた。

 

店の奥さんは英語が話せないらしく、奥のテーブルの家族に「英語話せます?」と助けを求めていた。

 

「僕、英語話せますよ」と言って、白人男性と話すことにした。

 

まず、メニューの解説。

f:id:ScotchHayama:20160715205228j:image

What's this?

白人男性がメニューを指指す。

 

チキン、ポーク、パスタなど解説していく。

タリアテッレやリングイネは発音が分からなかったのでGoogleで「タリアテッレ 英語」で検索してスペルを見せた。

 

何とかメニューを説明していると、僕の前に赤ワインが置かれた。

 

「お前は親切だから、俺の奢りだ」

おっちゃんに英語でそう言われた。

 

「マジか!ありがとう」

僕は英語で答えた。

 

本当は、もう会計を済ませて店を出たかったのだけど、、

 

赤ワインを飲み干すまで、おっちゃんと話した。

 

「どっから来たん?」

 

「俺はカナダに30年、オーストラリアに30年過ごしてたんだ。観光で日本に来たのさ」

 

「ふーん。日本はどこ回った?」

 

「東京、横浜、静岡、そして昨日京都に来たぜ」

 

「へー」

 

「この辺の家はいくらするんや?」

 

唐突に家の値段を聞かれて、僕は戸惑いながらも女将さんに家の値段を聞いて、それをおっちゃんに伝えた。

 

「だいたい戸建で5千万円くらいやって」

 

「そうか。オーストラリアはな、家賃が高いんや。日本の1.5倍はするで。びっくりやろ」

 

「そうなんやー」

 

「オーストラリアはな、経済的にやばいねん。昔は鉱業が盛んやったけど、今は中国に押されてあかんねん。中国がオーストラリアの鉱床を安く買いたたきよるしな。オーストラリア政府はアホや!」

 

おっちゃんは鉱業やってたんやと思う。えらい怒ってはった。

 

「そうなんやー」

 

「日本はええなー。経済的に豊かやし、自然も豊富や」

 

「京都はどの辺回ったん?」

 

「寺やね。あと二条城。あそこは良かったわ〜」

 

「好きな日本食は何?」

 

「寿司やな!美味いわ〜」

 

「明日は何するん?」

 

「大阪に行くんや」

 

大阪城もええよ」

 

「そうやな!楽しみや」

 

「あと、食べ物が安くてうまいで」

 

「なんでや?」

 

「うーん。うまく説明できんけど、とにかくたこ焼きとお好み焼きは安くてうまいで」

 

「そうかー。ほな食べてみるわ」

 

「ほんじゃ、行くわ。楽しんでやー」

 

そう言って、僕は会計を済ませ店を出た。

 

最近話してなかったけど、意外に英語喋れた。

なんかちょっと嬉しかった。