読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ウイスキーのロックを飲む時の心境

僕は普段ウイスキーをロックで飲まない。

 

ウイスキー本来のアロマやフレーバーを楽しむならストレートで飲むほうがいい。

 

ロックにすると揮発性の低い香り成分が感じられなくなる。

 

ストレートがきつい場合はトワイスアップというスタイルがいい。氷を入れない水割りだ。

常温でアルコール濃度だけが低くなり、時間が経っても香りが損なわれない。

 

ハイボールにすると炭酸のおかげで立ち上る香りというのを感じられる。ただし、氷が溶けないうちに飲み干さないと、時間とともに不味くなる。

 

とにかく僕はよっぽどのことがない限り、ウイスキーのロックは飲まない。

 

 

でも、たまに無性にロックで飲みたくなる。

 

 

それはムカついた時だ。

仕事で嫌なことがあったときや、

信用してた人から裏切られた時などだ。

 

そんな時にウイスキーのロックは合う。

種類はバーボンがいい。

 

「バーボンのロック」

 

バーのカウンターに座るなりぶっきらぼうに注文する。

銘柄は指定しない。

 

差し出されたバーボンのロックを一気にあおる。

 

ドンとグラスをカウンターに叩きつけ、

 

「もう一杯くれ」

 

バーテンダーは何も言わずに二杯目を注ぐ。

 

それを受け取り、今度はゆっくり時間をかけて飲む。

 

氷が溶けて不味くなっても気にしない。

 

そうすると緩やかに酔いが回り、すーっと怒りがおさまっていく。

 

 

そのようにして、僕はウイスキーのロックを飲む。