読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ある女性コンサルタントの成長物語

先日、とある女性コンサルタントに1年半ぶりに再会した。

 

以前お会いした時はそのコンサル会社に入って2日ほどで、お付きの人としてミーティングに参加してた。

 

そのコンサル会社は野村総研とかボストンとか出身の錚々たるメンバーが創業した会社で、少数精鋭で売り上げを伸ばしてるっぽい。

 

その女性は美人だった。ミーティング中にチラ見してしまうほど。時おり僕は勃起した。僕は美人と話すとつい勃起してしまうのだ。

 

しかし、当時はその女性は新人でほとんど話さなかった。

 

 

 

 

そして1年半後、その女性は新人を連れて登場した。

 

新人も女性だった。新人はダサかった。

 

美人はさらに美人になっていた。

花魁風の赤いアイシャドウをほんのり上品にしていた。

 

僕は再び勃起した。

主に会話は美人がリードした。

美人は執行役員になっていた。

小さい会社とはいえすごい出世だ。

美人は自信に満ち溢れていた。

僕の質問に的確に答え、適度に新人に話させていた。

僕は常に勃起していた。

 

美人は1年半で大きな成長を遂げていた。彼女の努力もあるのだろうが、コンサル会社の教育の賜物なのだろう。

 

同席した新人コンサルも1年半後には成長しているのだろうか?

 

素材はいいのだが、ダサかったからなぁ。

あと、声が小さくて聞こえにくかったからなぁ。

 

まぁ期待?しておこう。

 

再び会うか分かんないけど。

 

 

勃起するかな?