読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

山田孝之の東京都北区赤羽の綾野剛の回がよかった。

正月のテレビもたいして面白くなく、

スマホSNSやネットニュースを見るのもつまらなく、

だらだらと正月を過ごしていた。

 

久しぶりにGYAOを見ようと思って、ドラマの欄みたら、

「山田貴之の東京北区赤羽」があった。

 

「ウヒョッ!東京北区赤羽」を読んだ山田孝之が感動して、赤羽に住んでみたいというところから企画が始まる。

sokuyomi.jp

 

この漫画を描いた清野とおるさんに赤羽を、赤羽に住む変な人たちを紹介してもらいながら、山田孝之が自分を取り戻すというドキュメンタリー・フィクションだ。

 

8話目には山田孝之の親友の綾野剛がゲスト出演する。

gyao.yahoo.co.jp

 

■内容・ストーリー【第8話 山田孝之綾野剛と語る。】山田は俳優仲間で親友の綾野剛を赤羽に呼び出し、久しぶりの再会を果たす。綾野にどうしても見せたいものがあるという山田は、漫画『ウヒョッ!東京都北区赤羽』に登場する赤羽のとあるビルの窓際に立つ「マネキンのRyoちゃん」に会いに行こうと誘う。そのあと2人は、山田が暮らす赤羽のアパートを訪れ、酒を酌み交わしながら熱く語り合う。山田はこれまでの経緯や今の自分の心境を少しずつ話し始める。 [期間限定無料配信] 《『山田孝之カンヌ映画祭』は1月6日(金)より毎週金曜 深夜0時52分~テレビ東京にて放送!》

 

前半は「マネキンのRyoちゃん」に綾野剛と二人で会いに行く。

 

「あいつ大丈夫?赤羽きて頭おかしくなったんじゃない?」

 

山田孝之が変なテンションで、Ryoちゃんに代わってビルの窓際に立つことに。

それを外から見て欲しいと綾野剛に頼む。

 

ビルの窓際に立つ山田孝之

 

それを外から眺める綾野剛

「あいつ今すげー楽しいと思いますよ」

 

そしてなぜか綾野剛も窓際でマネキン立ちをすることに。

「いやーなんかちょっと立ってみたいっすね」

 

すげーシュール。

日本を代表する俳優が、

山田孝之綾野剛が、

赤羽のビルの窓際でマネキン立ちする。

すげーシュール。

 

 

後半は山田孝之の住む赤羽のアパートで二人で飲みながら語る。

 

山田孝之の話をすっごく真剣に聴く綾野剛

 

「良くも悪くも他人ごとじゃないからさ」

山田孝之に共感する綾野剛

 

「孝之」と呼ぶ綾野剛

「剛」と呼ぶ山田孝之

 

「自分じゃない誰かを介して、生きる才能を得てる」

「赤羽住めよ。お前も」

 

煙草を吸いながら、

ヒゲを触りながら、

話す二人。

 

作られたものかもしれないけど、

ドキュメンタリーに見せかけたお芝居かもしれないけど、

 

二人がとても身近に感じれるいい回だった。

 

「いいじゃん、お前開いてるじゃん」

綾野剛は優しい。