読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

京都マラソンをいかに楽しく走りきるか?体験記

「最後まで楽しく走りきる!」

f:id:ScotchHayama:20170220074622j:image

それが2017年の京都マラソンの目標だった。

 

ベストタイムは3時間半だけど、そのレベルの練習は全然できてなくて、試走会でも20km越えると足がつってる状態だった。

 

直前の仕上がりで、7分/kmのペースで走れば無理なく完走できるなと感じていた。

 

f:id:ScotchHayama:20170220075105j:image

3時間半で申請してたので、ゼッケンはAブロックとかなり前のほうからのスタート。

 

朝は凍結してたらしいけど、スタート時刻にはほどよい寒さで絶好のマラソン日和となった。

f:id:ScotchHayama:20170220075211j:image

 

スタート前にマイ補給食の羊羹を食べる。虎屋のラムレーズン味。レーズン入りでかなり美味い。

f:id:ScotchHayama:20170220075805j:image

京都マラソンは17kmまで給食がないので早めに補給しておいたほうがエネルギー切れを心配しなくていい。

 

 

 Aブロックの後ろのほうからスタートして、先頭から1分遅れでスタートゲートをくぐる。

f:id:ScotchHayama:20170220075345j:image

最後のGブロックは15分遅れくらいらしい。

 

 走りながら、前日のマラソン教室でコーチが言っていたことを思い出す。

 

「外に気を向けると辛くないですよ」

 

マラソンは一人で走るけど、仲間のランナーに声をかけたり、沿道の声援に応えることで、しんどくなくなる。これは僕の経験上からも実感している。

 

だから、積極的に沿道の人とハイタッチをした。

特に京都外大や野球のユニフォームを着てる子ら、おばあちゃん、小さいこども達とハイタッチすると元気が出た。

 

そうして、外に気を向けながら走るといつの間にか桂川に出た。

f:id:ScotchHayama:20170220075645j:image

遠くに愛宕山が見える。雪景色がきれい。

 

外に気を向けるのは人だけじゃなく、自然に対しても同じ効果がある。

 

景色を楽しみながら走ると気持ちいい。

 

やがて渡月橋が見えてくる。

f:id:ScotchHayama:20170220075645j:image

ここで6kmくらい。

 

広沢池。

f:id:ScotchHayama:20170220080150j:image

サギが喧嘩してるのを眺めながら走る。

 

10kmを過ぎる。

 

最初の10kmは周りに流されてハイペースになり、6分/kmだった。自重せねば。

 

f:id:ScotchHayama:20170220080333j:image

仁和寺の和尚が真っ赤な旗を一生懸命振ってくれる。うれしい。

 

 14km地点

f:id:ScotchHayama:20170220081115j:image

 左大文字がきれいに見える。

 

20kmを過ぎる。

 

だいぶ身体がしんどくなってくる。

コース中一番アップダウンのある区間ということもあり7分/kmにペースダウン。このままのペースで最後まで行けるか?

 

北山通りは沿道の声援が再び多くなる。オムロンの旗を振る社員の応援団をみると元気になる。

 

給水ボランティアにもオムロン社員がたくさんいて声をかけてくれる。知り合いに名前を呼ばれるだけで、もっと走ろうと思える。

 

 

ようやく植物園に入る。

f:id:ScotchHayama:20170220081646j:image

 

梅が見頃だった。

f:id:ScotchHayama:20170220081700j:image

 

腰が痛い。

 

鴨川に降りる。

 

ひたすら南下する。

 

しんどい。

 

ミニトマトにみかん、パンを補給する。

出来るだけ、かわいい女の子から手渡ししてもらうよう調整する。

 

 

ようやく30km

ではなく、もう30km

と声に出したほうがいいよ。

とアドバイスされたことを思い出す。

f:id:ScotchHayama:20170220081716j:image

 

あと12km。

もう2/3を過ぎた。

 

御所の前でオムロン応援団に手を振る。

またちょっと元気になる。

 

でもすぐにしんどくなる。

 

すれ違うオムロンランナーに声をかけて気を紛らわせる。

 

また楽になる。

 

青い帽子をかぶったオムロンランナーを探す。

 

声をかける。

 

 京都市役所は35km地点。

f:id:ScotchHayama:20170220081733j:image

 

雪の宿を補給する。

 

再び、すれ違うオムロンランナーに意識を向ける。気を紛らわせる。

 

すれ違いポイントを過ぎ、沿道の応援がまばらになる川端通が一番精神的に応える。

 

上空を見上げるとトンビが飛んでいる。

尾羽を器用に動かし方向転換している。

油揚げになってトンビにさらわれたいと思いながら走る。

少し気が紛れた。

 

右大文字が見えてくる。もうすぐ京大。

f:id:ScotchHayama:20170220081747j:image

 

京都マラソンは四回目だけど、百万遍の坂が一番しんどいと思う。勾配はそんなにないけど、残り4kmで登り坂はきつい。歩く。

 

f:id:ScotchHayama:20170220081853j:image

 

折り返して下りになり、走る。

 

足がつりそうになる。

 

立ち止まり、ストレッチ。

 

歩く。

 

走る。

 

歩く。

 

走る。

 

あと2km。

 

歩く。

 

走る。

 

歩く。

 

走る。

 

あと1km。

 

歩く。

 

走る。

 

あと195m。

f:id:ScotchHayama:20170220081909j:image

 

ゴールの鳥居が見える。

f:id:ScotchHayama:20170220081927j:image

 

ゴール。

 

振り返って、脱帽し、コースにお礼する。

 

タオルをもらう。

 

メダルをかけてもらう。

 

荷物受け渡しの手前にミスきものの人たちがひっそりと記念撮影してたので僕も撮ってもらう。

f:id:ScotchHayama:20170220081939j:image

めっちゃきれい。ひそやかなご褒美。

 

着替えて、オムロン用休憩所に行って、おにぎりと味噌汁をいただく。

 

食べ終わり、そそくさと帰る。

 

家の近所のスーパーで肉とビールを買う。

 

走ってる時にずっと憧れてた肉とビール。

 

ビールは我慢できず風呂に入る前に飲む。

 

風呂上がりにハイボール飲みながら焼肉の準備をする。

f:id:ScotchHayama:20170220192511j:image

 

久しぶりの家での焼肉。

いつもよりたっぷりと肉を買った。

豚バラとハラミ。

 

家族五人でよく食べた。

 

すっごい満足した。家族団欒も味わった。

 

しかし、僕の最終目標は「翌日、元気に出社する」ことにあった。

 

肉は食ったのでアミノ酸補給はできた。

 

あとは体力を回復するだけだ。

 

8時ごろから10時間寝た。

 

コンコンと寝た。

 

体力が回復していくのがわかった。

 

6時に起きた。

 

筋肉痛はほとんどない。

 

動ける。

 

目標を達成した。

 

完走直後と同じくらいの満足感だった。

 

f:id:ScotchHayama:20170220081950j:image

 

次のレースは比叡山トレイル50km

https://www.mt-hiei.com

 

今度はちゃんと練習しよう!