読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ウイスキーの分水嶺

僕がウイスキーを飲み始めたのは21歳の頃だった。

 

その時はバーボンばかり飲んでいた。

 

落ち着いてゆっくり飲む酒がウイスキーだった。

 

33歳の時、思いたってウイスキーエキスパートの資格を取った。

 

それ以来、ウイスキーの魅力を正しく伝える活動をしている。

 

そして、今日、唐突に、40歳というのはウイスキーのベテランとなってしまったんだなぁと思った。

 

村上春樹の騎士団長殺しを読んでいて、主人公が36歳で、生(き)のウイスキーを飲んでぐっすりと寝たという描写を読んで、あぁ、ウイスキー分水嶺を越えてしまったんだ僕はと、しみじみと思った。