読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

生涯未婚率の上昇ニュースに反応してしまう人への課題と対策

このニュースを読んで以来、「生涯未婚率」というキーワードが引っかかっている。

news.yahoo.co.jp

 

生涯未婚率とは、50歳時の未婚率であり、45~49歳と50~54歳未婚率の単純平均により算出したものである。

 

つまり、アラフィフになっても結婚したことが無い人の割合である。

 

「逃げ恥」でいうところの、百合ちゃん(石田ゆり子)である。

 

 

以下は、平成27年版厚生労働白書 -人口減少社会を考える-より引用したグラフ。

f:id:ScotchHayama:20170406221521p:plain

 

このまま推移すれば、2035年には女性は約5人に1人が、男性は約3人に1人が、アラフィフになっても結婚しないことになる。

 

僕は幸いにも、20代で結婚し、子供が3人できている。

しかし、兄も義兄も40半ばだが結婚していない。あと数年すれば生涯未婚に含まれる。

 

そして、僕の子供のうち、長男は11歳であるが、早くも結婚しなさそうな雰囲気を醸している。

 

どうすれば、長男は生涯未婚の呪縛から逃れることが出来るだろうか?

 

平成27年版厚生労働白書 -人口減少社会を考える-には、未婚者が結婚に至っていない理由も調べられている。

f:id:ScotchHayama:20170406222431p:plain

今まで結婚していない理由のトップは男女とも「適当な相手にめぐり合わないから」である。

 

2番目の理由として、

男性は「結婚後の生活資金が足りないと思うから」

女性は「自由や気楽さを失いたくないから」

を挙げている。

 

しかし、多くの人は結婚したいと思っているのも事実である。

2010年に国立社会保障・人口問題研究所が行った調査で、未婚者を対象に 一生を通じての結婚に対する考えを聞いたところ、「いずれ結婚するつもり」と答えた人 が、18~34 歳の未婚者において、男性で 86.3%、女性で 89.4%となっており、未婚の 若者の多くは将来的な結婚の希望を抱いている。

 平成27年版厚生労働白書 -人口減少社会を考える-より

 

 

では、結婚相手に求めることは何だろうか?

f:id:ScotchHayama:20170406223056p:plain

1位はダントツで男女とも「性格」である。

 

2位は女性では「経済力」、男性では「容姿」となっている。

 

つまり、男性にとっては、性格がよくて、経済力があれば結婚しやすくなる。

女性は性格と容姿を磨いたほうがよいということになる。

 

 

次に、結婚相手と知り合ったきっかけは、

f:id:ScotchHayama:20170406223448p:plain

「社会人になってからの仕事関係」が3割超でトップ、

「友人などの紹介」「高校、大学などのサークル関係」と続く。

 

 

つまり、アラフィフまでに結婚するためには、

社会人になってからの仕事関係で異性と会う機会を増やし、

性格の合う人を見つけること

が大事だといえる。

 

 

社会人になってからの仕事関係での異性とのファーストコンタクトは内定式、入社式である。

つまり、同期入社がチャンスとなる。

実際、僕の会社でも同期入社での結婚率は異常に高い。

 

 

新入社員の諸君、今がチャンスなのだ!

性格の合う同期を見つけるのだ!