読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

【ひとり飲む、京都】河村食堂のアマトリチャーナで昇天した話。

京都御所晴明神社の間、小川通りの路地奥にひっそりとあるイタリアンバール河村食堂。

f:id:ScotchHayama:20170412073805j:image

 

南イタリアを思わせる鮮やかな青のトビラを開けると、カウンター席と奥にテーブル席がある。

f:id:ScotchHayama:20170412073747j:image

どちらも4席ほどしかないこじんまりとした作り。

 

手前のカウンターに座る。

 

f:id:ScotchHayama:20170412074453j:image

 

赤ワインをグラスで。モンテプルチアーノ。

 

f:id:ScotchHayama:20170412074556j:image

 

バールタイム名物!炭火焼(串焼)プロシェットのメニューに魅かれる。

f:id:ScotchHayama:20170412074613j:image

 

赤ワインに一番合いそうな鶏ハートを注文する。

 

f:id:ScotchHayama:20170412074805j:image

 

にんにくとブレンド塩のさっぱりとした味付け。辛口のモンテプルチアーノが進む。

 

 ブロッコリーととびっこ

f:id:ScotchHayama:20170412075047j:image

ペペロンチーノ風のシンプルな味付け。とびっこのプチプチが心地よい。

 

見上げると黒板にも旬なメニューが。

f:id:ScotchHayama:20170412075302j:image

 ほたるいかと旬野菜ビネガーマスタード、いいなぁ。次に来たときに頼もう。

 

 

メインはパスタ・アマトリチャーナと決めていた。

 

パスタメニューの中で一番お手頃価格。

トマトソースにパンチェッタ(豚バラ)、玉ねぎ、羊乳のチーズというシンプルなもの。

 

赤ワインのお代わり(コンコード)も頼む。

 

 

コンコードのブドウの香りを楽しみながら、アマトリチャーナを待つ。ワクワクと。

 

 

 

きた!

 

f:id:ScotchHayama:20170412080146j:image

 

アツアツのアマトリチャーナを頬張る。

 

ふんだんにチーズと豚バラが入っててトマトソースの塩加減も最高にいい。

 

うまいなぁ。

 

 

うまいなぁ。

 

 

うまいなぁ。

 

 

食べ終わる。

 

満足する。

 

 

お会計は3090円。

 

 

幸せには十分すぎるほどの価値。

家に帰ってからも余韻に浸れた。

 

今まで食べてきた中で一番うまいパスタだったかもしれない。

 

また行きたいなぁ。