読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ひとり飲む、神保町。珈琲&世界のビールとタンゴコレクション、ミロンガ・ヌオーバでまったり、コーヒーとケーキを味わう。

姉川書店にゃんこ堂で、吉本隆明「なぜ、猫とつきあうのか」と、星野源「いのちの車窓から」を買い、午後の会合まで時間があったので、純喫茶に行こうと思いたつ。

 

狭い路地を通り、辿り着く。

f:id:ScotchHayama:20170413214449j:image

 

本格炭火焙煎珈琲というパワーワードに魅かれる。

f:id:ScotchHayama:20170413214909j:image

 

豆にこだわってそうなメニュー。

f:id:ScotchHayama:20170413215019j:image

 

 

店内に入ると、大きめのテーブル席、奥に4人がけのテーブルが2つ。

 

大きめのテーブル席は主に独り客用っぽいので、空いたスペースに腰をおろす。

 

どうやら喫煙席は隣の部屋にあるらしい。完全な分煙。

 

壁に年季の入った大きなスピーカー。タンゴが流れている。レコードなのか、ときおりプツプツとアナログなノイズが入るのが心地よい。デジタル社会からの解放。

 

 

期間限定の豆のコーヒーと、季節限定の桜のチーズケーキを注文する。

限定商品に弱いのは日本特有なのか?とチラリと思う。

 

f:id:ScotchHayama:20170413215818j:image

深煎り、どっしり系のコーヒーはチーズケーキとよく合う。

 

f:id:ScotchHayama:20170413220002j:image

 

桜の花びらの塩漬けがのったチーズケーキ。ひとくち食べるほどに春を感じる。

f:id:ScotchHayama:20170413220041j:image

 

 

食べ終わり、トイレに席を立つ。

 

良い店はトイレで決まる。

f:id:ScotchHayama:20170413220126j:image

目の前にポスター貼ってあるとテンション上がる。

水族館劇場の作品「この丗のような夢・全」

 

 

席に戻り、水を飲みながら、しばし星野源の新作エッセイを読む。

 

凝縮された幸せを噛みしめる。

 

千円ちょっとで味わえるパラダイス。

 

こんどは隣の老舗純喫茶ラドリオにも行ってみよう。

f:id:ScotchHayama:20170413220708j:image