学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

【TED】薬でうつ病やPTSDを予防することは可能か?

Could a drug prevent depression and PTSD.

 

https://www.ted.com/talks/rebecca_brachman_could_a_drug_prevent_depression_and_ptsd/transcript?language=ja#t-1111683

 

示唆に富んだトークだった。

 

薬の開発についての話。

 

最初に発見された抗うつ剤は偶然の産物だった。結核の治療薬の副作用として「廊下で踊る」ほどの多幸感が出た。

 

現状の抗うつ剤は対症療法的で、根治に至るものではない。「必然的な幸運」で、うつ病を根治させる薬の開発をした。

 

既存の麻酔薬として広く使われているカリプソルにその効果があることが分かった。

 

過去の結核治療のように、うつ病も簡単に治せる世界が来るかもしれない。

 

「確実と思うのは愚者 — 推測し続けるのが賢者」 [マクガイバー]

"Only a fool is sure of anything. A wise man keeps on guessing."

【TED】変身する恐竜たち―人為的要因による絶滅について

Shape shifting dinosaurs.

 

https://www.ted.com/talks/jack_horner_shape_shifting_dinosaurs/transcript?language=ja#t-1105456

 

科学者は恐竜の名前を付けたがる。

子供達は恐竜の名前を覚えたがる。

 

子供の恐竜と大人の恐竜に違う名前を付けてしまったという話。

 

トリケラトプスが成長過程の恐竜だったというのは興味深かった。

【TED】受粉の隠れた美しさ

The hidden beauty of pollination.

 

https://www.ted.com/talks/louie_schwartzberg_the_hidden_beauty_of_pollination/transcript?language=ja#t-470871

 

最初に3分ほどのトーク、その後に4分ほどの映画が流れる。

 

"肉眼では めったに目にしませんが 動物の世界と 植物の世界が交わるのは まさに すばらしい瞬間です"

"Rarely seen by the naked eye, this intersection between the animal world and the plant world is truly a magic moment."

 

最初のハチドリの動きが良かった。虫と遊ぶハチドリ。

 

朝から美しい映像を見ると気持ちいい。

 

季の美のジンは冷凍庫に入れておくべきである。

f:id:ScotchHayama:20170519222451j:image

 

京都のプレミアムジン・季の美

 

冷凍庫に入れたら美味い!

 

まぁ、ジンというものは基本的冷凍庫に入れておくべきものである。

 

ボンベイサファイアはボトルが四角いので特に収まりがいい。

 

ジンはアルコール度数が高いので冷凍庫に入れても凍らない。

 

グラスに注ぐ時のトローっとした感じが良い。

 

0度以下に冷やされた季の美ジンは口に含んだ瞬間はとても飲みあたりがよく、喉にすっと入る。

そしてブワッと香りが広がる。

玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではのボタニカルが複雑に絡み合い、なんともいえない恍惚感を味わえる。

 

その後は温度上昇とともに香りの広がり方が変わるのを楽しむ。

 

ストレートでもロックでもいい。水を足してもいいし、炭酸で割ってもいい。

 

いろんな楽しみ方が出来る。

 

それが、冷凍庫に入れた季の美ジンの魅力である。

長い距離を走るためには目標を作るといい

来週5/13に比叡山インターナショナルトレイルラン50kmがある。

 

しかし、2月の京都マラソン以降、10kmを超える距離を走れていない。

 

長い距離を走るためのモチベーションを上げれていないからだ。

 

GWでいつもより時間がある。

 

走ろう。

 

しかし、いつもの周回コースでは10kmを超えて走れない。途中であきらめて家に帰ってしまう。

 

長い距離を走るためには目標を作るといい。

 

僕の経験上、そう断言できる。

 

今回の目標は、滝を見にいくこと。5月5日だから、そこで柏餅を食べることに設定した。

 

お昼ご飯を食べて、13時出発。

 

滝までは18km。往復で36kmのラン。

 

日差しが強く、スタートして2kmで汗びっしょりになる。

 

10km過ぎてからは登り坂が続き、ほとんど歩く。

 

途中、いくつか道を間違えて1kmほど遠回りしてしまう。

 

コーラが無性に飲みたくなるがグッと我慢する。

 

足がしんどい。何度も帰ろうかと思う。しかし、駅は遠く、自力で帰るのはうんざりする。滝にいって冷たい水でじゃぶじゃぶ顔を洗うことを想像し、歩を進める。

 

2時間半が過ぎ、やっと滝に着いた。

f:id:ScotchHayama:20170505205122j:image

 

水が冷たくて気持ちいい。

f:id:ScotchHayama:20170505205148j:image

 

その辺の石に座って柏餅を食べる。むしゃむしゃと集中して食べる。餡子と餅が胃に沁み渡り、すぐにエネルギーに変換されるのを感じる。

 

 

復路は別のルートを行く。

 

春日山原始林を通り、 

f:id:ScotchHayama:20170505205449j:image

 

若草山を横切り、

f:id:ScotchHayama:20170505205529j:image

 

東大寺の裏手を行く。

f:id:ScotchHayama:20170505205552j:image

 

目に青葉、山ほととぎすを感じる。

初鰹を食べれば完璧だった。

 

 

その後はアスファルト道が続く。

往路よりも暑さは穏やかになる。

足はしんどいがちょぼちょぼ走る。

ようやくコンビニに寄り、三ツ矢サイダーを買う。

甘い炭酸が沁み渡る。

 

復路は下りが多かったので2時間ほどでゴールできた。

 

 

長い距離を走るためには目標を作るといい。

あらためて実感した。

 

来週のトレイルも頑張ろう。