読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

河江 肖剰さんのエマージング・エクスプローラー選出おめでとう会でエクスプローラーにふさわしいウイスキーをプレゼント!

f:id:ScotchHayama:20160729074608j:image

河江 肖剰さんがナショナルジオグラフィック誌のエマージングエクスプローラー(新たなる冒険者)に選ばれた。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/072200015/?ST=m_column

 

冒険者にふさわしいウイスキーをプレゼントしようと決めていた。

 

ウイスキー界の冒険者といわれるビル・ラムズデン博士のチャレンジャブルなボトルを見つけた。

 

グレンモーレンジシグネット

 

ビル・ラムズデン博士は語る。

 

"

グレンモーレンジシグネット」のような深煎りモルトを思いついたきっかけは何ですか?

 

実をいうと、コーヒーへの不満がきっかけでした。

 

淹れたてのコーヒーのアロマは素晴らしいのに、香りに匹敵する味わいに出会えない。このギャップは何だろうと考え、学生時代に面白半分でいろいろなローストやコーヒー豆を試してみた結果、ブルーマウンテンのミディアムローストが最高だという結論に至りました。

 

そしてローストのプロセスと、モルトウイスキーの世界をひとつにできないだろうかと悩んだ挙句に、大好きなクラフトビールのようにスタウトやポーターに使うハイローストのチョコレートモルトを作ればいいじゃないかと思いつきます。

 

グレンモーレンジィのスピリッツから秘密のバッチをつくり始め、納得できる処方を確定させるまでには長い時間がかかりました。

 

チョコレートモルトウイスキー自体は荒々しいので、7~8種類のグレンモーレンジィを組み合わせたレシピになります。

 

処方は年に1~2回おこないますが、極めて複雑な細部を持っているので完全に同じものをつくるのは不可能です。

"

ウイスキーの冒険者 ビル・ラムズデン博士に訊く」より

http://whiskymag.jp/dblm/

 

 

ウイスキーの原料である大麦麦芽は通常、麦芽の成長を止めるために乾燥させる。その際にピートを使えば燻製のようなピート臭がつくことはよく知られている。

 

しかし、ビル・ラムズデン博士はその麦芽乾燥工程でさらに焙煎をしてみたというのだ。これは黒ビールを作る工程の応用である。ウイスキーでは初の試みではないだろうか。

 

焙煎することでコーヒーと同様のアロマがウイスキーに抽出されることになる。しかし焙煎香には焦げ臭い不快なにおいも含まれる。ウイスキーの他のアロマとのバランスを両立させるのは難しいだろう。それを7~8種類のグレンモーレンジをブレンドすることで実現しているのだ。

 

 

 

確実に美味い。間違いない。

 

 

 

早速、グレンモーレンジシグネットをネットで購入した。1万6千円だった。僕が購入した中では過去最高額である。それを河江さんのお祝い会でプレゼントできることを想像するだけでワクワクした。

 

グレンモーレンジシグネットは厚さ1cmはある黒い箱に入っていた。箱だけでも相当な重さである。

同じ容量のボウモアと比べるとその重厚感が際立つ。

f:id:ScotchHayama:20160729081408j:image

 

そして、お祝い会当日。

その重厚感のある箱に入ったグレンモーレンジシグネットを持って会場へ向かった。

f:id:ScotchHayama:20160729081626j:image

肉バルDOMO。

大阪の北浜に最近オープンした肉とワインのお店だ。オーナーの淳子さんとは大阪イノベーションハブで初めて知り合ったけど、その頃は全く別のお仕事をされていた。なぜこの店のオーナーになったかも詳しく聞いてみたいところだ。出てくる肉料理はどれも絶品だった。久しぶりにサーロインを食べまくった。

f:id:ScotchHayama:20160729082224j:image

 

錚々たるメンバーが河江さんにお祝いの言葉を贈る中、司会の金谷さんにグレンモーレンジシグネット授与のタイミングを相談した。

 

会の終盤にその時は来た。

f:id:ScotchHayama:20160729074608j:image

冒険者にふさわしいウイスキーです!

(もっと長々と説明したけど省く)

 

そう言って河江さんに手渡した。

 

河江さんは「皆さんで飲みましょう」と言ってくれた。

 

嬉しかった。

 

会場にいる誰よりも僕がこのウイスキーを飲みたかったのだ。

 

僕のプレゼンの後にはピラミッド型のケーキが登場した。

f:id:ScotchHayama:20160729082809j:image

 

グレンモーレンジシグネットはコーヒーやチョコレートのフレーバーなので絶対にケーキに合う。

 

 

ケーキは切り分けて各自に振舞われた。

f:id:ScotchHayama:20160729082819j:image

 

僕はグレンモーレンジシグネットを注いで回った。

 

そして自分のグラスに注いだグレンモーレンジシグネットを一口飲んだ。

 

うん。間違いない。

 

想像した通りの味と香りだった。

 

素晴らしい!

 

 

他の人たちも口々に「美味しい」の声。

そりゃそうだろう。美味くないわけがない。

 

僕はテーブルに座り歓談しながら、グレンモーレンジシグネットとピラミッドケーキを交互に味わった。

 

冒険者のウイスキーとピラミッドケーキのマリアージュである。

 

ピラミッドケーキはホワイトチョコと生クリーム、ベリー系のソースで構成されていた。

 

チョコの甘味とベリーの酸味がウイスキーと調和した。

 

至福の時が流れた。

 

冒険者のウイスキーをお代わりしようと思ったら、すでに空になっていた。

 

嗚呼!

 

後で香りだけでも楽しもうと、空になったボトルを重厚感のある箱に入れて持って帰った。

 

 

翌日、河江さんからFacebookメッセージが届いた。

"

ウイスキー、ほんと美味しかったです。なかなか自分に「合う」と感じるウイスキーとはであわないのですが、今日、久しぶりにそのウイスキーにであいました。深謝です!

"

 

最高の褒め言葉だ。

 

やはり冒険者には冒険者のウイスキーが合う。

 

 

 

久しぶりに朝ランをすると体の痛みがとれる

ラン

飛騨高山100kmウルトラマラソンを走って以来、久しぶりに朝ランをした。

 

2kmだけだったけど、雨上がりの朝、適度な温度と湿度の中、甲野善紀先生に教えてもらった疲れにくい走り方を実践してみた。

 

走るときに手の指を微妙に動かすというものだ。こうすると心拍数が上がりにくいらしい。

 

そこまで速く走らなかったので効果は実感できなかったけど楽に走れた。

 

僕は走らないと腰が痛くなる。

 

普段姿勢が悪いから、走ることで矯正されるのだと思う。

 

週1、2回走るとすこぶる調子がいい。

 

次はいつ走ろう?

綾瀬はるかの夢を見ると幸せな気持ちになれる

女子力 発見

綾瀬はるかの夢を見た。

 

綾瀬はるか安住紳一郎的な男性と並んで座っている。

 

カフェレストラン的なオープンテラスがある的な店のオープンテラスに近い店内の丸テーブル席に座っている。

 

結婚式の二次会的なイベントで綾瀬はるかは主役的な立場であるにも関わらず、司会的な進行的な話をしている。

 

マジメで、どこか抜けていて、でもマジメに話している。

 

時折、安住紳一郎的な男性に微笑みかけながら話す綾瀬はるかの顔が目に焼きついている。

 

綾瀬はるかの夢を見て幸せな気持ちになった。

 

僕的にはホタルノヒカリ干物女ホタルを演じた綾瀬はるかが好きだ。

 

「ぶちょー」

http://topicks.jp/35741

猫とコーヒーの関係

コーヒー

コーヒー好きの人にとって猫とコーヒーの関係と聞いてピンとくる人は多いはず。

 

まぁ猫といってもジャコウネコだけど。

 

ジャコウネコの肛門近くにある臭腺からは香水の素となる匂いが取れる。

 

つまり、ジャコウネコのおしりは人間にとっていい匂いなのだ。

 

そのジャコウネコに生のコーヒー豆を食べさせてウンコとして出てきた未消化の豆を使って作られるコーヒーはコピ・ルアクと呼ばれ、超高級品である。一杯5000円もするのだとか。

http://www.globe-walkers.com/gourmet/kopiluwak.html

 

ジャコウネコウンコもいい匂いなんだなぁ。

市民プロジェクトを進める上での議論の進め方とリーダーシップについて

京都 学び

同志社大の大学院の授業を受けていた。

NPOと行政の協働実践演習」

 

社会の課題を解決することを目的にしたプロジェクトチームでの活動、気づき、学びを通して協働リーダーシップの発揮スタイルを学ぶプログラムである。

 

「市民プロジェクトを進める上での議論の進め方とリーダーシップ」について、全15回の授業を通して得た学びを記す。

 

僕は、単にまっくすさんが講師になること、一般参加も自由なこと、現業と絡めれそうなこと、という些細なきっかけで参加した。

 

僕がやりたいことは漠然としていた。

 

猫に関する何かがやりたいというだけだった。

 

最初にチームを作るときは悩んだ。

正直、魅力的なものがなかったからだ。

僕自身のテーマは漠然としていて他の人に強く訴えるレベルではなかったし、

他の人のテーマはそもそも何が課題なのかもよくわからなかった。

いずれも本気度が伝わってこなかった。

 

その中で唯一キラリと光るものが「子育てママの困ったことを解消する」を掲げていた木村さんのテーマだった。

 

僕の他に数名が同じチームとなり、木村さんの話を聞いた。

 

前職で保育士や子育て支援センターで勤務していた木村さんは、保育園や幼稚園に入る前のお子さんがいるママが地域に馴染めず孤立していることを課題に思っていた。

 

「困ってるママの社会参加」というキーワードが何度も出てきたので、頭文字をとってチーム名は「こまさん」とした。

 

その後、数回にわたって「何をするか」の議論をした。こども食堂のような誰でも気軽に参加できるイベントやコミュニティを作りたいよねっていう話になって情報を集めた。

僕は、タウンキッチン代表の北池さんのお話を聞く機会があったので共有した。

 

いろんな情報が集まってきたけれど、僕はモヤモヤしていた。それはチームメンバーがいろんな意見を投げかけても、

 

「それいいですね」

 

という言葉で受け止めるだけで具体的な行動に移っていかなかったからだ。

 

特に、発案者である木村さんの態度が定まらなかった。他人の意見に流されて右往左往しているように見えた。そんな姿を見て、あまり意見を言い過ぎるのもよくないだろうと自重していた。木村さんが内省して発見することが大事だと思った。

 

と偉そうに言っているけど単に僕のやる気が無かったこともある。授業は20時からスタートするので仕事でヘトヘトになった頭を使うのはしんどかった。そんな僕のやる気スイッチが入ったのは最終発表まで残り3回となったときだった。

 

その日はいつものメンバーに加えて、初めて議論に参加した人がいた。京都移住計画の千葉さんだった。これまでの議論の変遷を木村さんに語ってもらえるように千葉さんは丁寧に問いかけ続けた。合間に参考となる事例もたくさん紹介してくれた。千葉さんのファシリテートは傍から見ていて凄く真面目で丁寧で、木村さんを安心させるものだった。


でも、千葉さんが丁寧に問いかければかけるほど僕の違和感は強くなっていった。
それは木村さんが本当に救いたいと思う人が見えてこなかったからだ。

 

困っているママって誰なの?本当に困っているの?

 

そう木村さんに問い質した。
木村さんは「私はそう思っている」を繰り返した。

 

本当に?

 

だったら聞いてみたらいいじゃないですか。

 

うーん。躊躇している。

 

なぜそこで踏みとどまるの?踏みとどまるってことは木村さんが本当に解決したいことじゃないってこと?
実際に聞いてみればいいじゃない。聞いてみたら解ることってあるよ。

 

そう伝えても、伝わらなかった。

 

授業が終わって帰り道でも千葉さんは丁寧に解きほぐしていた。

 

やがて、千葉さんとお別れするところに来て、千葉さんが最後に投げかけた問いに木村さんが反応した。

 

それは本心を語っているようだった。

 

ようやく解が見つかったと思えた。


あとから振り返ってみても、この回はターニングポイントだった。


いくつかの要因がある。
まず僕らのチームは木村さん以外全員男性で、お互いに遠慮し合っていた。そこに千葉さんという女性が加わることによって、木村さんが話しやすくなったと思う。


そして千葉さんの包み込むような問いかけと対比するように僕は本質を問う質問を続けた。


それは木村さんにとって痛みを伴うものだったと思う。質問を続ける僕にとっても体力を消耗するものだった。


でも、そんなお互いがすり減るような議論や対話を続けることで、ようやく本質が見えてくるということを実感した。


これは僕にとっても大きな学びだった。

 

それから残り3回もすんなりいったわけではないけれど、最終的には4チームの中で一番良い発表になったと思う。

 

木村さんが具体的な行動を起こしたことが特に素晴らしいと思った。


木村さんはターニングポイントだった回を終えてすぐにFacebookを通してアンケートをした。
そしてその投稿が17件もシェアされて回答が18件集まった。


理想は直接ヒアリングすることだけど、木村さんの思いが伝わった成果だと思う。

 

回答は木村さんの想定していないものも多かったけれど、そこから見えてきたこともある。


あらたなスタートを切れるきっかけになったと思う。

 

 

木村さんの思いと本当に困っているママをつなぎ、解決の糸口を紡いでいくことが、僕らのチームの役割になっていくだろう。

 

この授業の最終発表がゴールではない。スタートなのだ。