学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

対話や学びが深まる『問い』の作り方講座に参加したメモ

対話や学びが深まる『問い』の作り方講座
https://beyondc-theme02.peatix.com/ 

 

テーマ&狙い:アクティブ・ラーニング型の授業やワークショップなど「たった一つの正解がない課題」について対話を通して学びあう場で活きる「問いの立て方」を身につける。明日から使えるスキルを持ち帰る。

 

今日のルール:3つの権利
1.考える(Think)だけでなく感じた(Feel)まま語れる権利
2.どんな意見も尊重される権利
3.チャレンジと失敗をする権利

 

この3つの言葉の差は?
コミュニケーション・・・情報の交換、対人関係のスキル
コンサルテーション・・・目的を達成するための支援、課題解決のスキル@自分が提案
ファシリテーション・・・ものごとを円滑に進めるための支援、課題解決のスキル@全体リソース←自分自身が解決策を持っている必要はない

 

アウトプット重視かプロセス重視かで問いは変わる

 

アイスブレイク:レゴブロックを使った演習
私にとって〇〇は、このブロックです。なぜなら・・・
1.いまの気分
2.オタク要素
3.参加理由
→自分が見えている景色は自分しか見えない。その景色、他人には見えていない。
事実⇔解釈
解釈は一人一人自由

 

情報の価値が変わってきた
所有・記憶→共有・加工

 

知る→わかる→できるの順番
知る(Ideas、基礎知識):テーマに対する基本的要素や、基礎的な事実関係、言葉や定義・解釈、基本概念を学習者が説明できる。

わかる(Connection、つながり):基本概念と概念の間にある関係や、つながりについて説明ができる。または既知の情報と、いま学んだことのつながりについて学習者が説明できる。

できる(Extensions、応用):新たに学んだことを本来の学びの場からは離れたところで新しい形で使える。または「それにどんな意味があるか?」「自分に何ができるか?」など仮説の質問に答えられる。

 

「知る」と「わかる」は出るのに「できる」の領域で発言が止まる。「できる」の内容がテーマから逸脱する。意見を出せる参加者と出せない参加者の隔たりが大きい。

 

「勘と度胸」から「理論とデザイン」へ。デザインの視点で再現性を高める。

 

共感もいいが、共感で終わらせない

 

なぜ主体的・対話的で深い学びが重要か?
効果1:知識の共有者で終わらない→Googleと同じ土俵で戦わない。課題:体験の提供だけで良いのか?
効果2:「個の学び」を超える可能性が高い→対話による多角的視点の獲得。課題:どうすれば視点が増え視座が上がるか?

 

深い学びの「深さ」とは?
→(演習)レゴブロックで表現

 

対話や学びが深まりやすい問いの3条件
1.解釈の余地がある
2.適度な制約がある
3.問いをつないでいく→参加者に丸投げをしない

 

 

問いの機能
1.必要な情報を手に入れる
2.間を持たせる or 時間稼ぎ
3.テーマに興味を持たせる

 

問いの種類は大きく2つ
クローズドクエスチョン:閉じた問い、答えがYesかNoかに絞られる質問(ex.今日のお昼ご飯はカレーなんだけどいいかな?)
オープンクエスチョン:開いた問い、思ったことを自由に答えられる質問、6W2H、トヨタ5W1H(ex.今日のランチは何食べたい?)

 

オープンクエスチョン6W2H
What 何を:内容、手段、種類、性質、目的
Why なぜ:意義・目的、動機、理由、狙い、背景、必要性
Who 誰が:中心人物、担当、グループ、主人公
Whom 誰に:相手、関係、人数
When いつ:タイミング、期限、時間、季節、頻度
Where どこで:場所、位置、屋内、屋外、舞台
How どのように:手段、方法、段取り、進め方、期待度
How much いくら:数量、予算、単価、範囲

 

演習:問いの種類その1「4象限」
わたし(ファシリテーター、上司、親など)と相手(学習者、部下、子供など)の軸
「知っている×知っている」「知らない×知っている」「知っている×知らない」「知らない×知らない」の4象限
どの領域を意識して問いを作れるかが大事。
※「わたしが知らない」領域は問いを作るのが難しい
「知っている×知っている」の例、親から子へ:いつ宿題やる?
「わたし知っている×相手知らない」の領域は「知識の確認」
「わたし知らない×相手知っている」の例、営業から顧客へ:情報を引き出す問い
「知らない×知らない」の例
・迷子になった人→迷子:どっちに行ったらいい?
・親から子供へ:将来、何になりたい?(ステージごとに聞く)
・部下から上司へ:社長って何を考えているんですか?
・教師から生徒へ:この課題に対して解決策はどんなものがある?(PBL:プロジェクト型の学び)
・お互い知らないことを知らない:初めて会った人が同じ大学出身で共通の友人がいた


演習:問いの種類その2「軸をつくる」
[時間]過去⇔未来
例題「行く」
 過去:小学校の夏休みによく言った場所は?
 現在:今どこに行きたい?
 未来:死ぬまでに1回は行きたい場所は?
[難度]答えやすい⇔答えにくい
 答えやすい:外に行きたい?(クローズドクエスチョン)
 やや答えにくい:お昼はどこに食べに行きたい?(オープンクエスチョン)
 答えにくい:修学旅行どこに行った?(経済的状況で行けてないかもしれない)
→何が原因で答えにくいのか?「心理的安全性」「答えを知らない」「人によって答えにくい問いもある」

 

その他の軸を考える
[視点・視座]わたし⇔世界・社会
[価値観・文化・慣習]近い⇔遠い
[実現可能性]高い⇔低い
[感情]わくわく⇔不安
[空間・距離]近い⇔遠い
[コスト]高い⇔低い
[年齢]若い⇔老い
[経験]乏しい⇔豊富

 

いきなり答えにくい問いからいくとフリーズする
徐々に移す。選択肢を出す。例示を出す。


学習者中心で考える「答えにくい理由は何か?」


問いを増やすという視点で軸を考える
軸を起点に問いのバリエーションを増やす

 

問いの種類:軸
・事実と感情の切り分け
・過去と未来の切り分け
・個人と社会の切り分け
・抽象と具体の切り分け

 

 

関西大学梅田キャンパスの取り組み by 財前さん
・2016年10月開設。人を導き、繋ぎ、自ら起こし、創る「人」を育成~「考動」を実践する場の創出~
・出島モデルの実施。新規事業は既存の組織には原理的に起こせない。既存顧客の要求をより良く満足させることに最適化された既存組織に「イノベーションを起こせ」と号令をかけても難しい。2階層経営モデル(1階:計画に基づく経営、2階:探索や実験を行う経営)。既存領域とは異なる経営体制や意思決定プロセスを取り入れ、既存事業の合理性が持ち込まれない状況をつくる。
・男子的3C(自社・競合・顧客)から女子的3C(コミュニケーション・コラボレーション・コミュニティ)へ
・産学連携2.0。目的:社会的(広域地域)な共通課題の解決。特徴:クロスセクターで各層的に連携・共創しうる領域
・Strength of Weak Ties(弱い絆の強さ)。ネットワーク同士がつながると自分とは全く「異質な」人たちとの交流により大きな変化を生む。

 

(ワークショップ再開)

 

演習:「わかってるんだけど止められない」インタビュー
2~3人1組、聞き手、答え手、観察者に別れる
答え手は「わかっているけど止められない」エピソードを考える(1分)
聞き手が意識すべきポイント
なぜ?どうして?を使わない
事実確認の質問に置き換えて質問する(いつ?どこで?誰に?どういう気持ちで?)

 

機能しない問い
 なぜ?の封印
 なぜできないの?
 どうでしたか?
 最近、学校どう?
なぜ?どう?は機能する時としない時がある(子供など普段からあまり考えてない(内省していない)人には機能しない)

 

なぜ?どうして?に簡単に頼らないコミュニケーションを実践してみよう。相手に丸投げしない。

 

ORID:問いかけのフレームワーク
Step1:事実(客観的問い、「なるほど!と思った発言は?」、広げる問い、狭める問い)
Step2:感情(内省的問い、肯定&否定的感情の確認、「一番嬉しかった出来事は?」、概念的な問い)
Step3:解釈(解釈の確認、経験の意味や価値を確認、「何が得られましたか?」、深堀る問い)
Step4決定(自己決定確認、判断や次ステップの確認、「本当はどうしたいですか?」、進展させる問い)

※Step3以降なら「なぜ?」を問うても良い

 

「対話型ファシリテーション
なぜ?を問う時は主語が大事

 

正解のない問いへのアプローチ
1.答えられる問いを用意する
「あなたにとっての幸せって何ですか?」より
「あなたにとってのちょっとした幸せって何ですか?」のほうが答えやすい
2.スモールステップを繰り返す


スモールステップATKISSON PYRAMID+1
レベル5:やろう!
レベル4:どうすればできる?何が必要?
レベル3:私たちに何ができる?
レベル3':私たちには何がある?=リソース(どんな社会との接点がある?)
レベル2:それはなぜ起こっているの?
レベル1:何が起こっているの?
※ポイント:主語・主体を明示する

 

アウトプットするまでのプロセス
インプット→「発想」「整理」「表現」→アウトプット
「発想」なぜ?どうして?どうすればいい?
「整理」「表現」いつ?誰が?どこで?どれくらい?なにが起きてる?

整理と表現を意識した問い
「温暖化防止につながる行動は何だと思いますか?」

「あなたの日常生活の中でちょっと工夫するだけで温暖化防止につながる行動は何だと思いますか?」
6W2Hを活用する

 

アウトプットに向けた準備
意見をアウトプットする障害=壁は何か?
その「壁」がブレイクすべき「アイス」
→人間関係?(お互いを知らない?)
→「できない」という気持ちや経験?
※アイスブレイクはテーマに興味を持つための大切なプロセス

 

「理論」から入らないプログラム
EATをデザインする
E:Experience 経験

A:Awareness 気づき

T:Theory 理論


ネガティブなほうが出しやすいが、ポジティブなほうが多様

 

やる気スイッチを入れる入口(イントロ)
どうすれば「やってみよう!」と思うか


ARCSモデル(ジョン・ケラーが1983年に提唱した学習意欲モデル)
Attention 注目「面白そう!」

Relevance 関係性「自分とつながっている」

Confidence 自信「やれば出来そう!」

Satisfaction 満足感「やって良かった」

※アンケートの設問にも使える


他人ゴトや世界ゴトから自分ゴトへ。自分ゴト化することで学習意欲が高まる

例1)対象:大学生向け「問いの作り方」講座
困ること:「気になる人に一人暮らしなのか聞きたいけど直球で聞けない」「私に興味があるか聞きたいけど聞けない」

テーマ:問いを作る技術

メリット:「欲しい情報を手に入れることができます」「直球じゃなく聞ける」

例2)関係性を壊さずに断れる技術

 

最初の問いかけ「〇〇なことありませんか?」

 

主語や主体を意識した問いを作る
パターン1:あなたは、SDGsの達成に向けて今なにが出来ると感じていますか?
パターン2:あなたは、自分の業務を通じて、SDGs達成に向けて何が出来ると感じていますか?
パターン3:あなたの会社or事業部は、SDGs達成に向けて何が出来ると感じていますか?

↑主語や主体が誰かによってパターンは異なる

 

演習:質問を選びつなぐ
テーマ「あなたは、10年後の自分どうなりたい?」対象は40歳前後の中堅社員
質問作りのルール
1.3~4人チームで実施
2.出来る限りたくさんの質問を作る
3.作った質問について話し合ったり、評価したり、答えたりしない
4.質問をひたすら黄色のポストイットに記入
5.ポストイットに1質問1枚で(箇条書きNG)
質問を分類する
オープンクエスチョンは〇、クローズドクエスチョンは△をつける。
オープン⇔クローズドに質問を変換し赤色のポストイットに記入
「過去」⇔「未来」を横軸に「状況、事象、事柄」⇔「感情・意思・気持ち」を縦軸にして整理する
空きスポットに新たな質問を青色のポストイットに記入し貼る
どのルートで質問をつなぐと答えやすいかデザインする

「デザインの知恵」刊行記念トークイベントに参加してデザインとは何か?なんとなく分かった

デザインとは、

面を意識する

デザインは良い関係をつくること

人間と機械の関係性は3つ
1、物理的性能を人間がどう受け止めてるか?
2、人間の行為と機械の関係(安全性など)
3、知的関係(コピー機の紙のサイズ・枚数を決める。〜しやすい)

人間はみんな自分が生きる形をデザインしている

解釈と実装

デザインのカッコよさは料理の美味さに近い

多くの人が判断できるのがデザイン

社会の至らなさにどう抗うか

 

トークイベントが終わって会場で「デザインの知恵」を購入し、最初の論画(論理のスケッチ)を見ただけで心が震えた。

 

 

グラレコも素晴らしかった。あとで見返そう。

f:id:ScotchHayama:20190820195546j:plain

 

f:id:ScotchHayama:20190820195553j:plain

 

f:id:ScotchHayama:20190820195559j:plain

 

kyoto.impacthub.net

 

多摩美術大学に情報デザイン学科を創設し、この3月末に東京藝術大学を退任されるまで数多くのデザイナーを育ててきた須永剛司先生。これまでに培った理論や、推進してきたプロジェクト実践などについて、須永先生ご自身がその真髄を語る1冊が発売となりました。

本書では、「デザインとは何か」という根本的な問いから出発し、須永先生ご自身の教育現場での実践と情報デザインの取り組みを再考察しつつ、現代のデザインの課題、人間のためのデザインのあり方を論じています。

今回のトークイベントでは、インクルーシブデザインを通じて工学と社会の接続を研究する京都大学総合博物館准教授の塩瀬隆之さんと、デザインストラテジストでNOSIGNER代表の太刀川英輔さんとともに、本書でも重要なテーマである「社会とデザインの関わり」について話を深めていきます。

いま「デザイン」は、社会のなかでどんな役割を担っているのか。
今後どのように結びつき希望の社会をつくっていくのか。
デザイン業界に携わる方や学生に必聴のイベントです。ぜひご参加下さい。

【日程】:2019年8月20日(火) 18時~20時
【会場】:Impact Hub Kyoto 2F
【参加費】: 無料 (書籍の販売コーナーopen)
【お申込み方法】:定員に達したため締切りました
【主催】:フィルムアート社 / Impact Hub Kyoto


【ゲストプロフィール】
須永剛司(すなが・たけし)

多摩美術大学立体デザイン科卒業。GKインダストリアルデザイン研究所勤務。筑波大学大学院芸術研究科修了。学術博士。98年多摩美術大学美術学部に情報デザイン学科を開設。日本の情報デザイン分野を拓き、教育活動のほか異分野連携による研究活動を展開。2013~19年京都大学特任教授。15~19年東京藝術大学美術学部デザイン科教授。2019年から公立はこだて未来大学特任教授。現在、社会とともに進めるデザインのあり方と新たな「デザインの学び」を開拓している。


塩瀬隆之(しおせ・たかゆき)

1973年生。京都大学工学部精密工学科卒業、同大学院修了。博士(工学)。京都大学総合博物館准教授を経て、2012年7月より経済産業省産業技術環境局課長補佐(技術戦略担当)。14年7月京都大学総合博物館准教授に復職。共著書に『科学技術Xの謎』『インクルーシブデザイン』など。日本科学未来館「“おや?”っこひろば」総合監修者、NHK Eテレ「カガクノミカタ」番組制作委員、文部科学省中教審「数理探究」専門委員、経済産業省産業構造審議会イノベーション小委員会委員なども務める。2017年科学技術分野の文部科学大臣賞など受賞多数。


太刀川英輔(たちかわ・えいすけ)

1981年生。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。2006年、NOSIGNERを創業。ソーシャルデザインで美しい未来をつくる(デザインの社会実装)/ 発想の仕組みを解明し、社会の進化を生む変革者を増やす(デザインの知の構造化)。この2つの目標を実現するため、NOSIGNERとしてソーシャルデザインの社会実装をしながら、イノベーター創出の教育者として、知と発想を生物の進化から学ぶ「進化思考」を提唱。大学や企業にてイノベーターを増やすために教鞭を執っている。Design for Asia Award大賞、PENTAWARDS PLATINUM、SDA 最優秀賞、DSA 空間デザイン優秀賞など多数受賞。

 

 

サマソニで冷え冷えなテキオンをおススメした。

サマーソニック2019

大阪会場舞洲ソニックパーク

 

3日目の8月18日(日)に行った。

 

シャープのテキオンラボをお手伝いするために。

f:id:ScotchHayama:20190818090952j:plain

 

1日中ずっと冷え冷え。

 

f:id:ScotchHayama:20190818091022j:plain

 

 

シャープさんもツイート。

 

実際にお手伝いスタッフも1セットずつ携帯して売り子する。カラビナ付きなのでズボンやバッグに引っ掛けやすい。

 

テキオンラボで冷え冷えの日本酒も飲める。

f:id:ScotchHayama:20190818091001j:plain

 

これは販売しないけど、手持ちのテキオンラボで冷やしてきたウイスキー。スタッフ用にハイボールを提供。

f:id:ScotchHayama:20190818092852j:plain

カティサークは夏のハイボールにぴったり。あらかじめ家の冷凍庫で冷やしたものをテキオンラボに入れてもってきた。冷え冷えだと常温と香りが違って楽しめる。

 

お客さんの来場前に、暑かったのでスタッフに振舞った。喜んでもらえた。エネルギーチャージしてがんばろう!

 

1日目、2日目は売り上げが思うように上がらなかったらしいので、事前打ち合わせで今日は「ペア売り(2個で5000円)」も推そうということに。

 

これが功を奏したのか、シャープさんのツイートのおかげか、いい感じで売れた。

f:id:ScotchHayama:20190818120309j:plain

二人組を見かけたら男女だろうが男同士だろうが声をかけた。

「今日は暑いからこれ買っておけばずっと冷え冷え。冷却効果がなくなったら交換できますんでずっと冷え冷えですよ。ここでしか売ってない限定品。サマソニロゴも入ってて記念になります。ここでしか手に入らないですよ。早めに買ってずっと冷え冷えを体験してみてください。どうですかー」

ってなことを言ったら、かなり高確率で購入してくれた。

 

今日はスタッフもたくさんいるし、適当に抜け出してライブも聴きにいけた。

テキオンラボが出展してるOASISエリアから一番近いのはオーシャンステージ。

http://www.summersonic.com/2019/tt/osaka_day3.html

f:id:ScotchHayama:20190818133118j:plain

 

スタッフのリストバンドもらえてるのでいつでも出入り自由なのが嬉しい。

ふらっと入ったらMY FIRST STORY(愛称はマイファス)ってバンドがライブしてた。

f:id:ScotchHayama:20190818133543j:plain

あとで調べてみるとボーカルはONE OK ROCKのボーカルTaka(森進一と森昌子の息子)の弟らしい。どうりで似てると思った。

毎年サマソニに出てるらしく「今年もやってきました。来てくれてありがとう」って言ってた。ファンを大切にしてる姿勢に感心した。

 

テキオンブースに戻って早速マイファスを見習い、来てくれてありがとうの意味を込めてハイタッチしまくった。子供も喜んでくれた。ハイボール飲んでほろ酔いだったのもあり、いい感じでテンション高く対応できたと思う。まぁいつもどおりだけど。

 

保冷剤交換に来た人ともハイタッチ。「ひきつづき楽しんでー!」といいながら。

 

途中、通りがかったサマソニガールと写真を撮り、ちゃらいスタッフ達が保冷バッグを手渡しに行く。

f:id:ScotchHayama:20190819151547j:plain

 

きちんとツイートしてくれてた。

 

 

しかしお昼の時間帯は暑い。じりじりと日に焼けてくのを感じる。テキオンで冷やされた飲み物が美味しい。

 

休憩中に飲むハイボールも美味しい。

f:id:ScotchHayama:20190818151506j:plain

 

 

YUKIのステージも観に行った。

f:id:ScotchHayama:20190818153320j:plain

初めてのYUKIライブ。旦那(真心ブラザーズYO-KING)のライブは先月行ったけど。

scotchhayama.hatenablog.com

 YUKIといえば20年くらい前にパパパパPUFFYで酔っぱらいながら出演してPUFFYと絡んでたのを思い出す。あのころからちょっとエロくてカワイイ。

 

夕方になってだいぶ過ごしやすくなってきた。それと共にテキオンバッグの新規購入は減ってきた気がする。保冷剤交換はたまに来る。ハイタッチ!

 

ライブ出演者かと思われる派手な人たちがブースに来たので一緒に写真を撮る。

f:id:ScotchHayama:20190819151845j:plain

英語が得意なスタッフが聞いたところによると、上海から来た一般参加者らしい。すげーな。ここだけ日本じゃないみたいだ。

 

さすがに1日中いると暑さと立ちっぱなしで疲れる。適度に適当に休憩を入れる。

隣のブースのDJで癒される。

f:id:ScotchHayama:20190818123316j:plain

 

DJの人たちもテキオンバッグ使ってくれてる。ビールも冷え冷え。

f:id:ScotchHayama:20190818124731j:plain

 

最後のB'zまで時間があるのでオムそばを食べる。

空がきれい。

f:id:ScotchHayama:20190818181105j:plain

 

ラストスパート。保冷剤も底をつきたのでプライスダウン戦略に出る。

 

手書きのPOPも映える。

f:id:ScotchHayama:20190818201758j:plain

 

B'zが始まったのでちょっとだけ聴きにいく。「ウルトラソウル!」って言いながら会場を後にする。OASIS戻ってきても場所によっては稲葉さんの歌声が聴こえる。初めて買ったアルバムは「IN THE LIFE」だったなぁ。毎朝Wonderful Opportunityを聴いて起きてた。

 

B'zライブが終わり、帰ってくる参加者に最後の声かけ「ドリンクホルダーありますよー。記念にどうですかー?ドリンクもありますよー」

最後に日本酒飲んで帰る人もいた。

 

終わって花火が打ちあがった。こんな間近で花火を見るのは久しぶり。楽しかったー。

 

残ってたスタッフで記念撮影して片づけ!おつかれー!

f:id:ScotchHayama:20190819154147j:plain

 

また来年も参加したいなー。

ウイスキーで婚活

婚活イベントのトークゲストで呼ばれているのでテーマを考える。

 

ウイスキーで婚活」

 

まず考えられる手段としてバーがある。

 

バーカウンターに座ってみる。

マスターと仲良くなる。

マスターオススメのカクテルを飲む。

隣に異性が座ったらチャンス。

10回に1回くらいのチャンス。

まずマスターを通して三角話をする。

マスターと話し、マスターは隣のお客さんと話す。

マスターが忙しくなったら隣の異性と話すチャンス。

「何飲んでるんですか?」が無難な声かけトーク

次は「よく来るんですか?」くらいが良い。

その後に「どこから来たんですか?」

そこそこ盛り上がったら「お仕事は何をやってるんですか?」

もちろん質問するばかりでは相手が辟易してしまうので、相手から同じ質問をされたら同じくらいの長さで回答をする。そしてプラスアルファをする。

 

例えば、「何飲んでるんですか?」であれば、

「ピニャコラーダです。マスターのオススメなので。夏になると飲みたくなるカクテルなんですよね」といった具合に。あまり足しすぎるのもよくない。知識をひけらかすのは良くない。

 

「どこから来たんですか?」の相手の答えによって、こちらの対応も変える。

自分の家に近ければ「同じ方向ですね」と相槌を打ち「私は○○駅が最寄りなんですよー。その辺もよく寄ります」なんてことを言って話を広げる。

 

沈黙も大事だ。適度な沈黙。喋りすぎも良くない。相手はリラックスするためにバーに来ているのだ。お酒を楽しむために一人で来ているのだ。刹那の会話は楽しいかもしれないけど、付きまとわれるのは嫌われる。

 

去り際にそっと名刺などをおいて、連絡先を聞けたら聞く。聞けなくてもまたバーで会えるかもしれない。二度目に会えば、その時の相手の反応で次のステップに行けるかもしれない。焦りすぎは良くない。あとはマスターにお任せすればいい。相手が帰った後に、ちょっとだけマスターに聞くのだ。「あの人はよく来るんですか?」と。そうするとマスターは「そうですねー。いつも土曜日のこの時間に来ますね」といった回答をしてくれるかもしれない。そうすれば二度目に会えるチャンスも増えるだろう。

 

ウイスキーを飲みながら一人で作戦会議をしたらいい。

平尾台の千仏鍾乳洞で巨乳を見た話

f:id:ScotchHayama:20190815150015j:image

四大カルストのひとつ平尾台

そこには国指定の天然記念物である千仏鍾乳洞がある。

 

洞内は年間を通じて16℃と涼しいらしい。

 

僕は小学生の頃に行ったらしいが、全く記憶がないのでほぼ初体験といっていい。

 

家族で帰省したついでに行ってみようということになり、8/14の11時半頃に到着。

 

カルスト地形を眺めつつ駐車場に向かう。

10台くらいの待ち渋滞。さすがにお盆シーズンは多いらしい。

 

駐車場は一番奥が空いてたので停める。

 

そこから鍾乳洞までは急な坂を降りる。200mくらい。帰りがしんどそう。そりゃ杖が要るわな。

 

f:id:ScotchHayama:20190815151300j:image

 

大人800円、高校生600円、中学生500円、小学生400円を支払い、いざ!

f:id:ScotchHayama:20190815151446j:image

入り口から冒険感がある。

 

中に入るとひんやり涼しい。

 

入ってすぐに巨乳を見る。

f:id:ScotchHayama:20190815151538j:image

 

でかい。Zカップくらいありそう。

f:id:ScotchHayama:20190815151612j:image

 

f:id:ScotchHayama:20190815151701j:image

 

f:id:ScotchHayama:20190815151753j:image

 

f:id:ScotchHayama:20190815151812j:image

 

奥の細道から先は渋滞してたし、水の中に入らないといけないので引き返す。

f:id:ScotchHayama:20190815151838j:image

 

蛍光灯の光で苔が生えるらしい。

f:id:ScotchHayama:20190815152008j:image

 

20分ほどで出て来た。暑い。

f:id:ScotchHayama:20190815152055j:image

 

駐車場までの急坂を登る。汗が噴き出す。

もう一回鍾乳洞に入りたい。

 

帰りの駐車場渋滞は20台くらいになってた。早めに来て良かった。

 

巨乳好きは見に行ったらいいよ。