学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

TEDxYouth@Kumamotoに参加した記録

f:id:ScotchHayama:20221212193225j:image

オーガナイザーのトトちゃんに誘われて気軽に参加したらスタッフ枠だったの

フードのスタッフということで前日の午後から会場入り

f:id:ScotchHayama:20221212193414j:image

前日の段取り聞いたらウェルカムパーティで馬刺しを出すとのことで盛り付けを良い感じにしようと大葉と生姜&にんにくチューブを買い出しに行く

f:id:ScotchHayama:20221212193557j:image

大袋が3袋でその中に小袋が4種20袋

それらを良い感じに盛り付ける

f:id:ScotchHayama:20221212193705j:image

辛子蓮根も適当にカットして盛り付ける

f:id:ScotchHayama:20221212193741j:image

 

持参したウイスキーは2種

ラフロイグセレクトカスクとグレングラント

f:id:ScotchHayama:20221212193832j:image

馬刺しには別のウイスキーの方が良かったかも

でもグレングラントはコストコのチーズケーキにめちゃ合った

 

前日はそれなりに飲んで交流して楽しんだ

 

翌日は本番

パートナー企業の味千拉麺がめっちゃ提供してくれたので並べる

赤かったのでXで並べてみる

f:id:ScotchHayama:20221212193953j:image

 

13時からスタート

途中で1時間のブレイクタイム

いろんな惣菜が入ったにしめ万十を蒸して出す

f:id:ScotchHayama:20221212194139j:image

 

f:id:ScotchHayama:20221212194329j:image

 

いきなり団子も蒸して出す

f:id:ScotchHayama:20221212194356j:image
f:id:ScotchHayama:20221212194400j:image

蒸して食べるとモチモチで美味い

 

いい感じでいろんな人と交流した

 

アフターパーティー会場へ移動

f:id:ScotchHayama:20221212194517j:image

熊本城が見えるホテルのレストランで

 

熊本なので焼酎のブースも充実

f:id:ScotchHayama:20221212194548j:image

 

そして私は買い足したウイスキーと共にハイボールコーナーを構える

f:id:ScotchHayama:20221212195051j:image

 

学生や大人や熊本内外の人たちと色々な話を楽しむ

それがTEDx

 

貴重な体験をさせてくれてありがとう

部活としてのスプラトゥーン

スプラトゥーン

イカがインクを塗り合うゲーム

1からやってる

ずっとノヴァブラスターを使ってる

サブはずっとスプラッシュボム

ノヴァの射程の短さをカバーする最適なサブ

スペシャルは変遷する

1はボムラッシュ、スプラッシュボムを投げ続けられる悪魔のようなスペシャルだ

エリアの打開に適していた

2はイカスフィア、丸いボールの中に入って転がり適当なタイミングで爆発してキルする、逃げも攻撃もできる良いスペシャルだった

3はショクワンダー、スパイダーマンのように糸を伸ばして高速移動する、遠くの敵の死角からキルできるマニアックなスペシャルとなった

 

2までは野良でひたすらガチマッチをしていた

ウデマエはヤグラとホコがS+、エリアとアサリはSとA+を行ったり来たりだった

 

ノヴァブラスターは射程が短いし塗りが弱いのであまり人気がない武器である

万人受けしない

だがロマンがある

高低差を利用して相手が攻撃しにくい位置から爆風でキルする

正面から撃ち合うと負けるので裏取りをする

人とは違った行動でチームの勝利に貢献する

ロマンだ

 

3になってから会社の人に誘われてスプラ部に入った

これまで孤独に続けていたスプラ活動が毎週チーム練習できるようになった

会社対抗戦もできるようになった

メンバーの強みと弱みを指摘し合い高め合う

他社と交流する

スプラトゥーンの幅が広がった

楽しいよー

スナックさちこ開店とラフロイグのライフログ

だいぶ涼しくなりウィッグを着けても汗をかかなくなってきたのでスナックさちこ@祇園懶惰を開店することにした。


花見小路通りから新橋通りを曲がってちょっと行ったところにあるマルヤマビルの3Fにスナックはある。

 

 

ドアを開けるとさちこママがいる。

 

メニューはこちら

シングルモルトスコッチのハイボール飲み比べが出来る

今回はグレンモーレンジオリジナル、アラン10年、ラフロイグ10年

ラフロイグ10年はママが一番好きなウイスキー

ラフロイグ10年になりたいのでライフログを付ける

並行輸入品だと正規品より少しだけ安い

 

スナックといえばカラオケ

中森明菜のDESIRE -情熱-をリクエストされたので「真っ逆さまに落ちてDESIRE」って歌いながらヘッドバンキングしたらウィッグが吹っ飛んだのはご愛敬

 

さちこママはウクレレの弾き語りも出来ます。

中島みゆきの「糸」をリクエストいただき歌い上げました。

 

6名のお客さんに飲み放題&歌い放題を楽しんでいただきました。

ママもみんなとカラオケできて楽しかったわー。

 

次回は1月頃を予定しています。

TEDxKUA 2022「冒険と実験」からのBARの開店

久しぶりに京都芸術大学に行った。

TEDxKUA(Kyoto University of the Arts)が開催されるから。

https://www.tedxkua.com/

 

尊敬する先輩であり、友達であり、愛すべきおっちゃんのmasaさんが芸大の学生たちと何かおもろいことをやるんだったら、1部しか参加できないけど行こう!と決意したのだ。

その日の夜に開店するBARの宣伝も兼ねてたけど。

riverside-cafe.jp

 

エレベーターを上がって人間館へ

矢印に従って進む。会場の春秋館の場所は知ってるけど。

 

12:30に受付開始。いつものノリさんがいる。

他にもTEDx関係の知ってる面々に会う。

 

名札には名前と話したいテーマについて書いてと言われたのでもちろんウイスキーと書く。

 

スピーカーパネルが並ぶ。

 

春秋座は歌舞伎も楽しめるように舞台設計されている。立川志の輔もよく演るので聴きに来ている。

立川志の輔 独演会2022 - 京都芸術劇場 春秋座 studio21

 

開場までパートナーブースを見学する。

金箔をTEDxKUAステッカーに転写するデモをやっていた。

 

好きな色のシートを選んでステッカーに重ねてラミネートする。

僕はウイスキーをイメージしてシートを選んで並べた。

 

13:30からセッション1が始まる。

 

和太鼓の演奏からスタート。

男女12名くらいが大きいのから小さいのまで太鼓を叩く。

高音と低音

男と女

筋肉としなやかさ

原始のリズムを感じる。

大学の和太鼓サークルだそうで、30年近くの歴史があるとのこと。

代々受け継いできた曲を今の代でアレンジして冒険した演奏だった。

 

スピーカーのトップバッターはプロGPSランナーの志水さん

個人的にはこの話が一番ぐっと来た。

学校の先生をしていたけど、あることがきっかけでプロのGPSランナーになることに。

周囲からは反対されたけど、自分の人生のミッション「“競わない”ランニング文化を創ること」を広げると決めた。

コロナ禍で収入的にピンチになったけど、志水さんらしいSOSの発信で乗り越えた。

とても素敵な笑顔で熱く想いを語る姿に感動した。

僕も副業でやっているBARが人生のミッション「ウイスキーの素晴らしさを広める」なので、その道を突き進みたいと思った。

志水さんが話し終わると、たぶん僕ひとりだけどスタンディングオベーションをした。

 

 

二人目のスピーカーは料理人の山田さん

お母さんの厳しい教育で、外の世界に目を向けるようになった。

コロナ禍で飲食業界はどこも苦労していた。

山田さんのアイデアが広がった。

想いを共にする仲間と大きなことをする楽しさを感じた。

僕も副業で飲食業をやっているのでアイデアや考え方が参考になった。

 

三人目のスピーカーは馬方の岩間さん

イギリスのチャールズ皇太子(現国王)主催の馬搬技術コンテスト・シングル部門で、 日本人として初優勝。そこから世界に活動のフィールドが広がる。

パリと地元・岩手を繋ぐ活動は素敵だった。

終始ユーモアあふれる話し方で楽しめた。

 

 

ブレイクタイムは1時間。

TEDxな人たちと話すのはもちろん、初めましての人とも交流した。

スピーカーの志水さんにも感動を伝えられた。

 

アクティビティとして、「あなたにとって冒険と実験とは何か」というのをやった。

もちろんウイスキーなのだけど、他の人にも分かるように抽象化する練習をしている。

僕の冒険と実験は「お気に入りを見つけるお手伝い」である。

僕はウイスキーの中ではラフロイグ10年が最も好きで、将来はラフロイグ10年になりたいくらいである。というかもう半分くらいラフロイグ10年になっている。

そのように愛する作品を人生の中で1つでも見つけられれば、その後の人生はどんな困難があっても乗り越えられるかもしれない。そんなことを伝えていきたい。

ウイスキーに限らず、漫画でもアニメでもいい。仕事や人間関係で疲れた時に癒しとなる存在、パートナーと言っても過言でないものを見つけ、それを味わい、深めていくと人生がより豊かになる。僕はそう信じている。

 

僕の言葉や思いは誰かに伝わり、行動の変化を促すだろう。

 

BARの開店準備があるのでみんなに別れを告げて会場をあとにした。

 

買い出しをしてポテサラを仕込み、看板を出した。

前週がノーゲストだったので恐る恐る開店した。

 

早い時間に2名、常連さんが来てくれた。

水割りを何杯かときゅうりとわかめの酢の物、ツナマヨナポリタンを注文いただいた。

 

TEDxKUAでカメラマンしてた友達も来てくれた。

ナポリタンセットを注文してくれた。

 

近所に住む友達も何度目かの来店。パートナーがTEDxKUAでスタッフをやっているので待ち合わせとのこと。酢の物とポテサラとナポリタンを出す。

 

その後もTEDx関係者やTEDxKUAに参加していた友達が続々と集まった。有難し。

 

masaさんとスピーカーさん達も何人か来てくれた。有難し。

 

ハイボールをたくさん作り、ノンアルハイボールも作り、おつまみを適当に出す。

板わさ、ポテサラ、肉、ニラ玉、ナポリタン

 

masaさん達はお疲れなので早めに帰った。

残ったTEDxKUAメンバーで楽しそうにお喋りしてるのを横目で見ながらハイボールやおつまみを作る。

枡の可能性について話していた。僕もウイスキーの観点から枡×ウイスキーについてアイデアを話した。

枡の木の香りを後付けにしてウイスキーを飲む。同じウイスキーを注ぎつづけて専用の枡を作る。ラフロイグ専用枡。枡の内側を焦がすと樽と同様にバニラっぽい香りが出るかもしれない。などなど。

枡の話をしてた人は枡×NFTをやってるらしい。世の中には面白い人がたくさんいる。

note.com

 

最期のほうはお会計も適当になったけど、まぁいいや。チップも弾んでくれたっぽい。

7月からBARやってきて3番目の売上となった。有難し。

 

誰もいなくなった店でしばらくボーっとする。

 

片づけは早く終わったけど、疲労感がすごかった。

まぁこんな日もあっていいよね。祭だよね。

ノーゲストな日の過ごし方

f:id:ScotchHayama:20221010075643j:image

 

2022年10月9日

午後から雨だった

 

買い出しも雨の中だと苦労する

 

今日はミルフィーユ鍋をしようと思ってたので白菜と豚バラを買う

 

17時に店に着き、仕込みをはじめる

 

ローソンでLチキ買ってきたのでそれとハイボール合わせながら

 

スーパーでマグロのカマが売ってたので自分のまかない用に調理してみる

f:id:ScotchHayama:20221010080540j:image

酒蒸しにしようと思ったけど、身が厚くて中まで火が通らなかったので溜醤油とみりんと生姜で煮付けにした

うまい

 

f:id:ScotchHayama:20221010080734j:image

ミルフィーユ鍋の味見

サントリーオールドのハイボールと合う

 

f:id:ScotchHayama:20221010094045j:image

もうひとつの野菜のおばんざいはMIXナッツと砂丘らっきょうとニラ玉のセット

f:id:ScotchHayama:20221010094031j:image

これも味見しながらハイボールを飲む

これで300円は安すぎるか

 

18:30看板を出す

f:id:ScotchHayama:20221010090053j:image

雨なのでビニールカバーをつけて

 

19時、お客さんは来る気配がない

 

今日はノーゲストな日かもしれない

 

昨日放送されたキングオブコントTVerで観る

 

前半戦を観終わる

レベルが高い

 

後半戦を観終わる

決勝進出の3組はやはり面白い

 

勝戦を観る

審査員のコメントも面白い

 

キングオブコントを観終わる

お客さんは来ない

 

ミルフィーユ鍋やニラ玉を食べながらハイボールを飲む

 

22時になる

あと30分でラストオーダーの時間

徐々に片付けを始める

 

まかないで釜玉うどんを食べる

f:id:ScotchHayama:20221010094431j:image

 

22:30に看板を引き上げる

お笑い動画を観ながら片付ける

 

23:30に完全撤収

これまでの最速

だってお客さんいないんだもん

 

雨の中ニニルームまで帰る

途中で水溜りにはまり靴がびしょ濡れになる

 

ノーゲストな日は諦めが肝心

そしてお笑いに救われる