読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

カクテルはいかが?行正り香のエッセイと、カクテルと料理が素晴らしい

読書
図書館で何気に借りてみた。

f:id:ScotchHayama:20160320142947j:image
行正り香の「カクテルはいかが?」

カクテルの写真に惹かれた。

カクテルレシピ本は持ってるけど、それに合わせる料理も載ってるのがいい。

そしてそのチョイスも意外性があっていい。

カクテル毎にそれにまつわるエッセイが添えられている。

「オールドファッションド」では、こんな文章に目が止まった。
'まずホテルに着いたらイベント情報をゲットして、ベッドに寝転がります。最初に見るのはジャズ・セレクション'

そうか。海外出張の時に持て余した時間の使い方としてジャズバーはいいなと思った。

トロントのジャズバーで著者が大学時代によく聴いたオスカー・ピーターソンが演るジャズバーに行ったという話だった。

憧れのピーターソンの演奏中にお代わりするのが憚るのでと注文したカクテルが、度数の強いオールドファッションド。
f:id:ScotchHayama:20160320151816j:image

2日連続で聴きに行ったらピーターソンが気づいてくれて、
「魔法のような時間をありがとう。あなたがいたから、トロントスペシャルな場所になった」と伝えると、
彼は「日本人だよね。僕はね、日本人の観客が大好きなんだ。ジャズに敬意を払っている国民だから。僕こそThank you」そう言って笑顔を返してくれた。

そういう素敵な話だった。情景が目に浮かぶ。
僕も、そういう素敵な夜を過ごしたい。

オールドファッションドに合わせるおつまみとして、オイルサーディンのねぎ焼きと、ストロベリーのチョコレートがけを紹介していた。
f:id:ScotchHayama:20160320152042j:image
こんなおつまみがバーにあったらいいのに、といつも思う。
そうしたら女性も、もっとお酒の席が楽しくなるかも。

そんな言葉が添えられていた。
写真も文章とセンスがいい。
この人とバーで飲んだら楽しいだろうな。

全部で24のカクテルがエッセイと料理と共に紹介されている。

図書館で借りた本だけど、買って自分のものにしたくなった。