読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

コトの国の魔法の時間に参加して、「ぼくの魔法使い」を思い出した。

女子力 育児 健康

今日はこんなイベントに参加しました。

コトの国の魔法の時間 vo.1「あたための魔法」 | Facebook

 

久しぶりに出町柳のディープなエリアに行き、ナミイタアレの隣にあるかぜのねで、魔法使いに出会いました。

 

 

親子連れがたくさん集まってて、僕は一人だったけど「手づくり絵本の魔法」が使えるので全然平気だった。

うちの末っ子よりも小さい子を久しぶりに相手した。何度か「手づくり絵本の魔法」を試したけど効かなかった。四歳以上にしか効果がない魔法だから仕方ない。

 

今回教えてもらった「あたための魔法」はとっても簡単だった。

岩塩と薬草、ほんの少しのアロマを加えてガーゼで包んで出来上がり。

とっても良い香りがした。

 

f:id:ScotchHayama:20160225191756j:plain

 

風邪に効くレシピを教えてもらって調合してみた。

スギナを多めに。アロマはティーツリー。

 

うちの女子チームがインフルエンザで寝込んでいたからだ。

男子チームは元気いっぱいなんだけど。。

 

早速、お風呂に入れてみた。

お湯に濡れるとさらに良い香り。すっきりする。

男子チームはさらに元気になった。

女子チームも早く元気になるといいな。

 

「あたための魔法」を伝授してくれた魔法使いは今回のために、とてもがんばってたみたい。その思いはたくさんの家族に届いたと思うよ。

 

そんなことをお風呂に入りながら思ってたら、

ぼくの魔法使い 」を思い出した。

宮藤官九郎脚本、伊藤英明篠原涼子の夫婦の物語。

ぼくの魔法使いは奥さんだったという話。

とても面白かったんだけど、視聴率的には全然人気がなかった。

でも、とても面白かったんだけどな。

 

また見たいなと思った。