読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキー、一番コスパがいいのは?

ウイスキーマエストロが語るお酒の話。

 

コスパを考える。

ここで、コスパの定義は、

 

アルコール度数 × 容量 / 価格

 

とする。

 

つまり、一番安く酔える酒である。

 

価格はAmazonで統一した。

 

まず、ビールは一番人気のアサヒスーパードライを選んだ。

アルコール度数は5%

350ml × 24本で4,600円なので、

5% × 350ml × 24/4,600円 = 9.1

 

次に、日本酒。

お手頃価格の純米酒を選んでみた。

アルコール度数は15.5%

1800mlで1,469円なので、

15.5% × 1800ml /1,469円 = 18.9

 

続いて、ワイン。

 デイリーワインで一番売れているといわれるチリワインのアルパカ。

アルコール度数は13.5%

750mlで567円なので、

13.5% × 750ml /567円 = 17.6

 

そして、焼酎。

 とりあえず、黒霧にしとくか。

アルコール度数は25%

1800mlで1,862円なので、

25% × 1800ml /1,862円 = 24.2

 

最後にウイスキー。

僕が好きなカティサーク

アルコール度数は40%

700mlで1,080円なので、

40% × 700ml /1,080円 = 25.9

 

 

ということで、結果は、

5位 ビール:9.1

 

4位 ワイン:17.6

 

3位 日本酒:18.9

 

2位 焼酎:24.2

 

1位 ウイスキー:25.9

 

ということで、ウイスキーのコスパが一番いいことが分かった。

 

みんなもウイスキーで安く酔うのだ。