読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

電柱をハックするdentuneをウイスキーでハックしたよ!

f:id:ScotchHayama:20161127143623j:image

前日に神戸ITフェスティバルで

「明日のdentuneでグレンモーレンジ持って行くぜー!」

って宣言した。

 

f:id:ScotchHayama:20161127143747j:image

会場は靱公園そばにある大阪科学技術館

 

f:id:ScotchHayama:20161127143840j:image

関電オリジナルの黒部の氷筍水とグレンモーレンジの相性はバッチリだろう。

 

f:id:ScotchHayama:20161127143941j:image

お馴染みのウイスキー芸人スコッチ。

 

f:id:ScotchHayama:20161127144011j:image

ハブチンに急に振られてもバッチリ対応。

 

「どうもーウイスキー芸人のスコッチです。今日は電柱にちなんだウイスキーを持って来ました」

 

「このグレンモーレンジスコットランドで一番背の高いポットスチルでできています。ポットスチルのネックはまっすぐそびえ立ち、まるで電柱のようなんです!」

f:id:ScotchHayama:20161127144504j:image

(http://barkreis.com/blog/?p=988 より画像引用)

 

 

 

つかみはOK!

 

これで関電のお偉いさんにもウイスキーの魅力が伝わったはず。

 

最初の個人ワークでのアイデアグレンモーレンジを中央に描き、猫とコーヒーとのマッチングビジネスを思いつく。

f:id:ScotchHayama:20161127144608j:image

 

残念ながら僕のアイデアは落選したため、酒好きの女の子がリーダーのチームに加わることにした。

 

寸劇やろうぜ!ってことになり、早くから目につけていた金髪を活かすことにした。

f:id:ScotchHayama:20161127144933j:image

 

外国人観光客役が必要ということで、

 

スコットランド人なら得意だよ。スコッチ持ってるし」と立候補

f:id:ScotchHayama:20161127145031j:image

 

カツラを馴染ませるため、本番まで付けておくことにした。

 

f:id:ScotchHayama:20161127145301j:image

相棒のポール(電柱)の被り物を作る。

 

f:id:ScotchHayama:20161127145335j:image

スコットランド国旗も作る。

みんなが意見を言い合うなか、ずっと色塗ってた。

 

台本をポールが作ってくれたのでチェック。

f:id:ScotchHayama:20161127145431j:image 

f:id:ScotchHayama:20161127145528j:image

 

「ほら、触ってごらん。生命のリズムを感じるだろう?」

 

「おぉ!私の生命の水ウイスキーと響き合う!」

 

というかけ合いにした。ウイスキー持ってるしね。小道具としても活用できて、ほんま持ってきて良かった。

 

f:id:ScotchHayama:20161127145900j:image

 

「Where Japanese Sake!?」

という出だしを本番直前に思いつきアドリブで入れた。

 

 

おかげさまで決勝に進出! 

f:id:ScotchHayama:20161127150043j:image

 

決勝は審査員が変わるらしいから、新たなウイスキー調達せな!