読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

食べログの点数が信用できないとしたら、何を頼りに飲食店を探すのか?

 

食べログが批判されてるのを見て、思う。

 

僕はぐるナビより食べログを信用していたほうだった。

 

ぐるナビは広告っぽくて信用ならない。

 

食べログは個人のレビューが多いから信用できそう。

 

そう思ってた。

 

でも、点数は操作されてるっぽい。

 

 

しかし、僕は最近、良い飲食店選びのコツをつかみつつある。

 

それは写真だ。

 

しかもメニューの写真だ。

 

食べログでもぐるナビでもRettyでも、

まずメニューを見る。

メニューのラインナップと金額を見る。

 

そこに自分が食べたい、飲みたいものが載っているか、そして財布の中身で勝負できるか、が重要だ。

 

金を出せば美味いものは食べれる。

 

しかし、限られた予算で最大限に満足するためには、何かを選び、何かを捨てなければならない。

 

昨日は久しぶりに大阪に行ったので一杯ひっかけて帰りたかった。

 

教えてもらったバーはまだ空いてなかったので、北新地の駅近くで手頃な飲み屋を探した。

 

ネットで探すのも面倒なので、店の前にある看板に書かれたメニューを見て、自分の腹具合と懐具合と相談した。

 

結局、串カツ屋にした。

 

生ビールと5本セットを頼んだ。

 

付き出しの冷奴を食べながら生をグビグビ飲んだ。

 

3本目くらいの串が揚がった頃に生は空になった。

 

瓶ビールを頼んだ。

 

もう一つの付き出しのキャベツ焼いたやつにおでん出汁かけたのが出てきた。

 

ビールが進む。

 

5本目の串が揚がった頃に、牛スジ煮込むを頼んだ。

 

結局、串は8本だった。間違ってオーダーが通ったっぽい。

 

だが、大満足だった。

 

1500円に収めようと思ってたけど、結局、2900円を払って店を出た。

 

財布にはまだ金があった。今週末の飲み会も乗り越えられるほどの金が残っていた。

 

家に帰ってから、うどんを食べた。

 

食べログの点数ではなく、メニューと自分の腹具合、懐具合で店を決めようと思った。