読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

東京出張の思い出としてのカフェ・バッハ

東京ビッグサイトで展示会の説明員をするという、久しぶりにネクタイと革靴で、いささか疲れた身体は、コーヒーを求めていた。

 

せっかくだから美味いコーヒーが飲みたい。

 

秋葉原に宿をとっていたので、カフェ・バッハは比較的近い場所にあった。

 

カフェ・バッハ

 

そこで修行した人が全国各地で自家焙煎珈琲のお店を出している。

 

僕はそのうち2店舗に行ったことがある。

 

滋賀県守山市の米安珈琲。

 

京都・晴明神社の近くにあるカフェ・デ・コラソン。

 

どちらもコーヒーが美味しいだけでなく、ケーキやトースト、クロワッサンなども美味い。

 

そして居心地がいい。

 

カフェで居心地の良さは必要条件である。

 

その場にいるだけで癒される。それが良いカフェだと僕は思う。

 

その総本山。

 

f:id:ScotchHayama:20170310075515j:image

 

わくわく。

 

f:id:ScotchHayama:20170310080416j:image

 

どきどき。

 

店内は入り口側にテーブル席が5、6卓あり、奥にカウンターが6席ほどあった。

 

米安珈琲やカフェ・デ・コラソンよりも随分広い。

 

迷わずカウンターに座る。

 

抽出する所作がよく見える位置に座る。

 

お冷やとメニューをもらう。

f:id:ScotchHayama:20170310080729j:image

 

バッハブレンドとトーストを注文する。

 

食器が整然と並んでいる。

 

ミルは年季が入っている。

 

僕の後ろのテーブル席では店主の田口さんが友人たちとコーヒー談義を繰り広げていた。コーヒーを飲みながら。

 

おそらくいつも味をチェックしているのだろう。

 

カウンターの向こうにいるマスターは手慣れた動作でエレガントに注文されたコーヒーを仕上げていく。

 

ぼーっと眺める。

 

それだけで癒される。

 

やがて僕の頼んだバッハブレンドが来た。

 

f:id:ScotchHayama:20170310080823j:image

 

うーん、やはり美味い。

 

いつも飲んでるコラソンブレンドよりもややしっかりめ。

 

トーストはジャムとバターを両方つけてもらう。

f:id:ScotchHayama:20170310081330j:image

お好みで塩と胡椒をかけて食べる。

このスタイルもコラソンではお馴染み。

 

バタートーストはコラソンよりも若干固め。でもコーヒーととても合う。

 

コーヒーを飲み、トーストをかじる。

咀嚼してコーヒーを飲む。

その繰り返し。

 

癒される。

 

心と体が癒される。

 

食べ終わり、ぼーっとする。

 

マスターの所作を眺める。

 

 

アイスコーヒーを注文する。

f:id:ScotchHayama:20170310081741j:image

ミルクとシロップをたっぷり入れてストローでかき混ぜる。

 

甘味と苦味の調和を楽しむ。

 

飲み終わり、再びぼーっとする。

 

癒される。

 

コーヒーだけでなく、店の雰囲気全体で癒される。

 

良いカフェとはそういうものだ。

 

そう、再認識させてくれるカフェ・バッハ。

 

ありがとうございます。