読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

情熱大陸「節電女子_稲垣えみ子」の暮らしから学ぶ、幸せを手に入れる方法

情熱大陸を見た。久しぶりに。

アフロの女性が主役だった。

節電女子 稲垣えみ子と紹介されていた。

もともとは朝日新聞で働いてたらしい。

原発事故をきっかけに退職し、フリーランスになった。

極力、電気を使わない生活をし、月々の電気代は200円以下。

食事はカセットコンロで調理し、干し野菜をメインのオカズにして、米はほとんど炊かず、カピカピになった米はおじやにして食べる。

冬場の寒さの乗り越え方は、


部屋を暖めるな自分を温めろ!


退職直前のコラムがいい。

"来るべき死に向かい、閉じていくこと、
手放すことを身につけねばと思うようになりました"

そうだよなぁ。得ることだけが全てじゃないよなぁ。


そして、この4月から働き始める新社会人へのメッセージも良かった。

まずはアフロをバックに。

インドの医師に言われたこと。

「それで、あなたは幸せなの?」

"でも手に入らなければ不幸なのか?例えば病人は不幸なのか?"

”肝心なのは何かを手に入れることじゃない。ハッピーになること"

"「ある」幸せがあるなら「ない」幸せがあったっていいじゃない。そう考えると意外なほどに心は浮き立つ。人生は自由だ。
そしてどこまでも開かれている"



"アーユーハッピー?"




この番組を見て、稲垣えみ子の生き方、メッセージを見て、こう感じた。


過去を振り返り、
未来を想像しながら、
今、一瞬に生きる

今、一瞬に生きる、ということが、幸せを手に入れる方法かもしれない。