読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びと食、ときどきランニング

ウイスキーマエストロによるIdeas worth spreading

朝起きて2km走るということ

ラン

4:23

 

とめどない尿意で目が覚め、トイレで放尿する。

 

アラームが鳴るまで30分以上あるので再びベッドへ。

 

5:00

 

スマホにセットしたアラームが鳴る。

 

すぐに止める。

 

スヌーズに切り替わり、9分後に再びアラームが鳴ることをぼんやり認識する。

 

起きて走るか、このまま寝るか?

 

どちらでも選べる。

 

まだ朝の支度は充分時間がある。

 

とりあえず寝る選択をする。

 

 

5:09

 

アラームが鳴る。

 

すぐに止める。

 

寝る。

 

5:18

 

もう走らなくてもいいかなと思う。

 

5:27

 

まだ走れるけど、もうちょっと。

 

5:36

 

まだいける。寝る。

 

5:45

 

走らんとこっかなー。

 

でも走ろう!

 

と、お茶を飲み、Tシャツと短パンに着替え、メガネも時計もせず、ランニングシューズを履いて外に出る。

 

思ったとおり、肌寒い。

 

5分/kmのペースで走る。

 

腕はあまり振らず、手の指を小刻みに動かす。

甲野善紀先生に教えてもらった息のあがらない走り方。

 

 

ふと空を見上げると、朝陽が雲をオレンジ色に照らしている。

 

走ることにして良かった。

 

 

1kmで折り返し、少しペースを上げる。

 

一週間ぶりに走るので、太ももの筋肉が断裂していくのを感じる。

 

明日は心地よい筋肉痛になっているだろう。

 

 

家に着き、ほんのりかいた汗をシャワーで洗い流し、この4日間伸ばし続けていた無精髭を剃る。

 

 

朝起きて2km走るということは小さいけれども確かな幸せだ。